【評判は?】GMOとくとくBB契約前に知るべき全知識!

GMOとくとくBBのアイキャッチ画像
マサ
マサ
「Excite WiMAX比較」ライターのマサです。

2020年に入りテレワークを導入する企業が増え、そのことでモバイルルーターWiMAXの申し込みが増えています。中でもキャッシュバックがお得な「GMOとくとくBB」は人気のプロバイダです。

今回はわかりにくいGMOとくとくBBの特長やメリット・デメリットの他リアルな口コミを紹介します。またキャッシュバックの受取方法も解説します。

申し込みを考えている際はぜひ参考にしてください!

目次

そもそもGMOとくとくBBとは?基本項目をまずは知ろう!

契約手数料 3,000円
月額費用 サービス開始月~2ヶ月目:3,609円
3ヶ月目~24ヶ月目:4,263円
25ヶ月目~36ヶ月目:4,263円
保証費用 修理代無料
(※安心サポート、安心サポートワイド)
配送料 無料
解約金 0円~19,000‬円
発送 最短即日発送
支払方法 クレジットカード
通信速度 最大1.2Gbps
通信制限 あり
(※3日で10GB以上使用した場合)
取扱端末 WX06、W06、HOME 02、HOME L02
契約期間縛り 3年間
使用回線 WiMAX2+、au 4G LTE
申込方法 ネット、電話
返却方法 返却不要
サポート体制 4.0
会社名 GMOインターネット株式会社
住所 〒150-8512
東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
4~14階・総合受付11階
電話番号 03-5456-2555

GMOインターネット株式会社が運営する「GMOとくとくBB」は高額キャッシュバックが人気のWiMAXプロバイダです。

毎月平均3万円を超えるキャッシュバックを実施しているためコストを抑えたい人にぴったりです。

お得なのはキャッシュバックだけでなく、端末代無料や20日以内の解約は違約金が請求されないなど魅力的なサービスも充実しています。

この記事ではGMOとくとくBBについて初心者でもわかりやすいよう詳細に解説しています。参考にしてください!


GMOとくとくBBの公式HPはこちら

GMOとくとくBBのネット上での悪い口コミ・良い口コミ評判を紹介!

GMOとくとくBBの口コミが気になると思うので、ここでは実際にネットで言われている悪い口コミと良い口コミ評判をそれぞれまとめました。

はじめに悪い口コミを次に良い口コミを順番にお伝えします。

GMOとくとくBBの悪い口コミを3つ紹介!

まずはキャッシュバックの受取方法とサポートダイヤルに対する不満の口コミでした。

事実GMOとくとくBBのキャッシュバック受取方法はわかりやすいとはいえません。また電話がつながりにくいのもネックです。

こちらはサポートセンターへの不満です。実際GMOとくとくBBへの電話はつながりやすくありません。またフリーダイヤルでもないのが残念です。

こちらもキャッシュバックの受取に関する不満の声でした。受取は簡単ではないので注意が必要です。受取方法の詳細は後ほど解説します。

GMOとくとくBBの良い口コミを5つ紹介!

キャッシュバックでGMOとくとくBBを選んだというポジティブな口コミでした。実際キャッシュバックの金額でGMOとくとくBBを選ぶ人は多いです。

こちらはどんなときもWiFiからの乗り換えのようです。月額料金・キャッシュバックともにGMOとくとくBBの方が満足ということです。

こちらもどんなときもWiFiからの乗り換えです。GMOとくとくBBに変えてからストレスなく使用できるというポジティブな意見でした。

こちらの方はソフトバンクエアーからの乗り換えです。GMOとくとくBBにしてから通信速度・料金ともに満足しているようです。

通信速度に関する良い口コミでした。オンラインゲームも問題なく遊べているようです。

GMOとくとくBBの口コミに対する見解

悪い口コミで目立ったのはキャッシュバックの受取とサポートセンターへ電話がつながらないことへの不満です。

GMOとくとくBBのキャッシュバックは何もせずとも貰えるわけではありません。受取手続きが必要です。

金額が振り込まれるのは1年後なので申し込み後すぐに貰えるわけではありません。またサポートセンターの電話がつながりにくいのも事実です。

それぞれに対する対処方法は後ほど解説するので参考にしてください。GMOとくとくBBはキャッシュバックがお得なプロバイダなので、対処法さえわかればお得に使えます。

事実良い口コミのほとんどが金額に関するものでした!


GMOとくとくBBの公式HPはこちら

GMOとくとくBBを契約する5つのメリットを解説!

ここではGMOとくとくBBの5つのメリットに焦点を当て解説します。特にキャッシュバックの優位性は他社と比較し圧倒的です。他にも端末無料やクレードル無料もお得です!

次からひとつずつ詳細を解説するので参考にしてください。

①他社と比較し大きいキャッシュバック!

GMOとくとくBB BIGLOBE WiMAX JPWiMAX
キャッシュバック 31,500円 15,000円 10,000円
(※Amazonギフト券)

GMOとくとくBBのキャッシュバックは他社と比較し圧倒的に金額が大きいです。年間を通して約30,000円前後のキャッシュバックを受け取る事ができます。

これはBIGLOBE WiMAXの2倍の金額です。当然キャッシュバックが大きければ実質コストも大きく抑えることができます。またJPWiMAXのようにAmazonギフト券ではなく現金です。

Amazonギフト券はAmazonをよく利用する人にとっては便利かもしれませんが、そうでないなら現金が一番使いやすいです。

GMOとくとくBBのキャッシュバックはWiMAXの中で最も金額が大きいです。そのためコストを抑えたいならGMOとくとくBBのWiMAXはおすすめです。

②本家UQ WiMAXよりも総額がお得!

GMOとくとくBB UQ WiMAX Broad WiMAX
3年間の総額 124,269円 143,560円 131,352円

GMOとくとくBBはWiMAXの本家UQ WiMAXと比較し3年間の総額がお得です。金額は2万円近く異なります。またGMOとくとくBBと同じく人気のあるBroad WiMAXと比較してもお得です。

Broad WiMAXは月額料金の安さが魅力ですがキャッシュバックはありません。やはり3万円を超えるキャッシュバックのあるGMOとくとくBBの方が総額は抑えられます。

ちなみにUQ WiMAXはこの他端末代が15,000円かかるためさらに高額です。GMOとくとくBBなら端末代をはじめ送料も無料なのでお得です。

③20日以内なら違約金なしで解約できる!

gmo wimax 20日キャンセル

GMOとくとくBBは契約後20日以内なら違約金不要で解約できます。通常他社では8日間の初期契約解除が利用できますが、それ以上の期間なのでより便利です。

WiMAXを契約後電波が悪いという理由や速度が出ないという場合にはサービスを利用し解約しましょう。GMOとくとくBBの20日以内の解約はWiMAX初心者に便利です。

ただし契約前のピンポイントエリア判定の結果が「○」であることが条件です。また申し込み日を1日目とした20日以内までに端末一式を返却しなくてはいけません。

無料なのはあくまでも違約金のみで事務手数料、解約までの月額料金の日割り、端末返送代は支払う必要があります。

④端末代とクレードルも無料!

GMOとくとくBB UQ WiMAX BIGLOBE WiMAX
端末代 無料 15,000円 19,200円

GMOとくとくBBは端末代が無料です。通常WiMAXルーターの本体は2万円するものなのでそれがタダなのはお得です。

UQ WiMAXで契約すると15,000円の端末代を請求されますし、BIGLOBE WiMAXは19,200円も支払わなくてはいけません。

またGMOとくとくBBはうれしいことに本来3千円はする専用クレードルも無料です。記事執筆時点では対象端末はありませんが、本来クレードルのある端末の場合どちらも無料になります。

端末代・クレードルを無料で手にしたいならGMOとくとくBBがおすすめです。

⑤auスマートバリューmineでauユーザーはさらにお得!

auスマートバリューmineはauスマホ(携帯)と対象のネット回線(WiMAX)をセットで利用することでお得に使えるサービスです。

毎月のauスマホ代が500円~1,000円割引価格で使用できます。このauスマートバリューmineはすべてのWiMAXで利用できるわけではありません。

例えばカシモWiMAXのように対応していないWiMAXプロバイダも珍しくありません。そのためauユーザーにとってGMOとくとくBBはよりお得に使えるWiMAXです。

auスマートバリューmineの申し込みは、GMOとくとくBBと契約後近くのauショップまたはKDDIお客さまセンターに電話し手続きしてください。

ただし、auスマートバリューを適用した場合キャッシュバックキャンペーンは適用されなくなります。その点にだけ注意してくださいね!

GMOとくとくBBを契約する3つのデメリットを解説!

ここではGMOとくとくBBのデメリットを解説します。特にキャッシュバックの受取手続きに関する注意は大切です。次からひとつずつ解説するので参考にしてください。

❶手続きを忘れるとキャッシュバックは貰えない!

GMOとくとくBBの高額キャッシュバックは魅力的です。しかし受取手続きが必要な点に注意してください。サービス開始月を1ヶ月目とした11ヶ月目にメールが届きます。

そのメールの内容を参考にキャッシュバックの受取口座情報を登録しましょう。例えば2020年8月に申し込んだ場合2021年6月にメールは届きます。

メールを返信した翌月末に金額は指定口座に振り込まれます。ここで注意したいのが「受取手続きの期間」です。「口座登録の案内メールの送信日より翌月の末日まで」が申請期限です。

この期間に手続きしないとキャッシュバックキャンペーンは無効になるため十分注意してください。

❷サポートダイヤルがつながりにくい!

GMOとくとくBBのサポートダイヤルはつながりにくいのがデメリットです。待つときは10分以上、曜日や時間によっては30分待ってもつながらないこともあります。

電話の営業時間は10時から19時までの間なので学校や会社があると平日は電話しにくいです。そのため休日は特に混みやすい傾向にあります。

そこで提案したいのが「折り返し電話」もしくは「入会前お問合わせフォーム」です。

折り返し電話では自分の指定した時間帯にオペレーターからの電話折り返しを受けることができます。またWebフォームからの問合せは24時間利用できるので便利です。

❸申し込み時にオプションサービスに加入する必要がある!

月額料金 サービス内容
安心サポート 最大2ヶ月間:0円
3ヶ月目以降:300円/月
自然故障時に無料で修理対応
安心サポートワイド 初月:0円
2ヶ月目:300円
3ヶ月目以降:500円/月
水濡れおよび破損にも対応
公衆無線LAN 最大2ヶ月間:0円
3ヶ月目以降:362円/月
公衆無線LAN接続サービス

GMOとくとくBBの契約時は必ず「安心サポート or 安心サポートワイド」と「公衆無線LAN」の2つのオプションサービスに加入しなくてはいけません。

どれも便利なサービスですが有料オプションなので使いたくないと思うかもしれません。その場合は契約後に解除できるので外してしまいましょう。

特にWiMAXが利用できれば公衆無線LANはほぼ必要ありません。解除はどちらもGMOの会員サイト「BBnavi」で手続きできます。

ただし一度外すと再び加入することはできないので注意してください。

GMOとくとくBBの代表的な3つのキャンペーンを紹介!

この項目ではGMOとくとくBBのメインとなる3つのキャンペーンを解説します。他社と比べて特にお得な内容です。次からひとつずつ解説します。

❶高額キャッシュバックキャンペーン

GMOとくとくBBのアイキャッチ画像

GMOとくとくBBのメインとなるキャンペーンが「キャッシュバック」です。WiMAXに詳しい人にとってはGMOのキャッシュバックは金額が大きいことで有名です。

キャンペーンの時期によって金額は変動しますが、2万円台後半から最大4万円近いときもあります。しっかり受け取ることができればその分大きくコストを抑えることができます。

記事執筆時は約31,500円のキャッシュバックです。月額料金で考えると9ヶ月相当分ですからそのメリットは大きいです。

ただしデメリットの項目で説明したように、受取方法は簡単ではありません。特に本記事で解説している注意点はよく目を通しておきましょう。

❷初期費用無料キャンペーン

初期費用無料
  1. 端末代無料
  2. 専用クレードル代無料
  3. 送料無料

「初期費用無料」は端末代・専用クレードル代・送料が無料の特典です。こちらもキャッシュバックと同様にGMOとくとくBBの定番のキャンペーンです。

専用クレードルが無料になるWiMAXはGMOとくとくBBだけです。そのためぜひ端末と合わせて手に入れてみてください。

ちなみに契約事務手数料の3,000円は支払う必要があります。しかし端末代が15,000円するUQ WiMAXと比較してGMOとくとくBBの初期費用は断然お得です。

❸月額料金割引キャンペーン

割引料金 通常料金
月額料金 0~2ヶ月目:3,609円/月
3~24ヶ月目:4,263円/月
25~36ヶ月目:4,263円/月
0ヶ月目以降:4,263円/月

「月額料金割引」はギガ放題プランの月額料金がサービス開始月~2ヶ月目まで、通常月額4,263円のところ月額3,609円で利用できる割引キャンペーンです。

割引期間は3ヶ月しかありませんがそれでもコストは抑えられるので便利です。ちなみにサービス開始月である0ヶ月目は3,609円の日割り計算です。

キャッシュバックだけ注目されがちなGMOとくとくBBですが実は月額料金の割引もあります。よりお得に使えるのがGMOとくとくBBのメリットです。

GMOとくとくBBを申し込む前に気をつけたい3つのポイント!

キャッシュバックの金額が大きく総額も抑えられるお得なGMOとくとくBBですが注意点もあるので覚えておきましょう。具体的には上の3点がポイントです。

特にこれからGMOとくとくBBを申し込むなら事前に抑えておきたいところです。次からひとつずつ解説します。

キャッシュバックの受取方法を確認する!

スケジュール帳

GMOとくとくBBのキャッシュバックは受取方法が簡単ではありません。申込後すぐ受け取れるわけではなく銀行口座に振り込まれるまで1年かかります。

サービス開始月を含む11ヶ月目に届く受取手続きに関するメールを読み、キャッシュバックの受取口座情報を期間内に申請しなくてはいけません。

手続きを忘れてしまうとキャッシュバックは無効となるため十分注意する必要があります。受取方法の注意点に関しては本記事で後ほど詳しく解説しているので参考にしてください。

キャッシュバックは金額が大きいだけにそれだけ受取は簡単ではありません。いつメールが届くかをメモしておくと忘れないためおすすめです。

オプションの解約を忘れない!

← 横にスクロールできます →
安心サポート 安心サポートワイド Wi-Fi(公衆無線LAN)
内容 端末修理無料 端末修理無料
(※水濡れ含む)
公衆無線LAN
月額料金 300円/月
(※最大2ヶ月0円)
500円/月
(※初月無料+2ヶ月目まで200円/月)
362円
(※最大2ヶ月0円)

GMOとくとくBBへ申し込む際は必ずオプションサービスへの加入が必要です。「安心サポート or 安心サポートプラス」と「Wi-Fi(公衆無線LAN)」の2つに申込ます。

端末が故障した際の無料修理や公衆無線LANが利用できる便利なものですが有料なのがネックです。でも安心してください。どのオプションも契約後すぐ解除して構いません。

無料期間が設けられているため試しに少し利用してみて不要だと感じたら解除しましょう。どちらもGMOとくとくBBの会員ページ「BBnavi」で解除できます。

解約時は違約金に注意する!

kaiyaku

GMOとくとくBBの解約時に違約金を請求される場合があるので気をつけなくてはいけません。詳しい金額については後ほど解約方法とともに解説するのでそちらを参考にしてください。

最大で税込み2万円を超える金額なので注意が必要です。違約金を支払わないためには「契約更新月」に解約しましょう。

契約更新月がいつになるかはBBnaviで確認できます。GMOとくとくBBに限らずインターネットサービスの解約では契約更新月がポイントになります。

どうしても途中で解約したいなら今解約するといくら違約金を支払わなくてはいけないかを把握しておきましょう!

GMOとくとくBB WiMAX2+のキャッシュバックの受け取り忘れを防ぐ2つのポイントを解説!

GMOとくとくBBのキャッシュバックを確実に受け取るためにも、ここでは「受取忘れを防ぐポイント」を解説します。ここで紹介する内容の中でも特にメールの転送設定は有効な手段です。

次から解説するの覚えておきましょう!

メールの転送設定を使用する!

メールの転送

キャッシュバックの受取忘れを防ぐために「メールの転送設定」を活用しましょう。

キャッシュバックの手続きに関する大切なメールは、GMO契約時に与えられる専用メールアカウント宛に届きます。

日常的にこのメールを使用しているなら問題ありません。しかしそうでない場合見逃してしまう可能性があるのです。というのもキャッシュバックのメールは11ヶ月目に届くからです。

メールの転送設定はBBnavi内の「メールの転送設定」の項目で行えます。またGMOからのメールが迷惑メールに振り分けられないよう、お使いのメールの受信設定には注意してください。

スマホのカレンダーにメモしておく!

カレンダー

GMOとくとくBBのキャッシュバックは受取まで時間がかかるので、いつ手続きのメールが届くのかあらかじめメモしておくことをおすすめします。

特にスマホのカレンダーアプリに登録しておくと便利です。例えばGoogleカレンダーなら1週間のスパンで予定を入れることができるため見逃すことはないでしょう。

紙のカレンダーやメモ帳に書いておくのも有効ですが、スマホのカレンダーならアラート機能もあるため確実です。

キャッシュバックを得るためにはメールを見逃さず確実に口座情報を登録することが大切なので、そのためメモを取っておくことが大切です!

GMOとくとくBBを契約終了する際の解約手続き手順や違約金等についての注意点!

GMOとくとくBBを解約する方法と違約金について解説します。特に違約金は高額なので気をつけなくてはいけません。次からひとつずつ解説するので覚えておいてください。

GMOとくとくBBの3つの解約方法を解説!

GMOとくとくBBの解約方法
  1. BBnaviから解約する!
  2. メールで解約する!
  3. 電話で解約する!

GMOとくとくBBの解約手続きは上記3つのやり方で行えます。ひとつがGMOとくとくBBの会員サポートページ「BBnavi」で行う方法です。

ログイン後「サービス・オプションの削除・解約」の項目を選択肢し、表示された会員ID横の「解約ボタン」を押しましょう。

メールの場合は「info@gmobb.jp」宛に解約の旨を書き送信してください。その際GMOからの折り返しのメッセージを受取れるよう受信設定をしておく必要があります。

電話の場合はとくとくBBお客様センター(0570-045-109)に電話し解約したいと伝えればOKです。電話での解約が一番手間はかかりません。

高額な違約金に注意!

← 横にスクロールできます →
解約時の違約金
解約月 解約違約金
0~12ヶ月目
13~24ヶ月目
25~36ヶ月目
37ヶ月目
38ヶ月目以降
24,800円
24,800円
9,500円
0円 ※契約更新月
9,500円 ※更新月除く

GMOとくとくBBには36ヶ月間(3年間)の契約期間があります。途中で解約した場合は税込み最大2万円以上の違約金が発生するので注意しましょう。

違約金を支払わないためには37ヶ月目の「契約更新月」に解約しなくてはいけません。またGMOとくとくBBの解約は20日が締め日なのでそのことも忘れないでください。

契約期間は自動更新なので過ぎてしまうと再び3年間の契約がはじまり途中で解約した場合違約金が発生します。

違約金を支払わないためには「契約更新月の20日まで」に解約することが大事です。

GMOとくとくBBについての6つのFAQ

GMOとくとくBBのよくある質問をまとめました。ここで紹介する内容を覚えておくといざというとき役立つはずです。次からひとつずつ解説するので参考にしてください。

GMO IDとはなんですか?

GMO IDは複数のGMOのサービスで利用できるIDです。GMO IDを使ってBBnaviにログインすることもできます。

GMOとくとくBBの問合せ方法を教えてください。

Webフォームと電話(新規申込:0120-377-109)のどちらかでGMOとくとくBBに問い合わせることができます。ただし電話は混雑しやすいためWebフォームの問い合わせがおすすめです。

GMOとくとくBBの速度が遅い!対処法を教えて!

速度が遅いと感じるときは「速度制限を受けていないか」「エリアの範囲内で使用しているか」まず確認してください。また端末の置き場所を障害物の少ない窓際に置くのもポイントです。それでもダメならWiFi周波数を5GHz帯に変更するか通信モードをハイスピードプラスエリアモードに設定してみてください。ただし、ハイスピードプラスエリアモード使用時は速度制限を受けないよう月間7GBの通信量を超えないよう気をつけましょう。

GMOとくとくBBのWiMAXはIPv6に対応していますか?

WiMAXはIPv4/IPv6デュアルスタックに対応しますがIPv6には対応しません。

GMOとくとくBBのオプション「安心サポート」「安心サポートワイド」とはどのようなもの?

安心サポート(安心サポートワイド)に加入すると補償対象内でWiMAX端末の修理費が無料になります。GMOとくとくBBの端末契約時でないと加入できないので注意してください。

基本メールアドレスとはなんですか?

GMOとくとくBB入会時に作成される専用のメールアドレスです。キャッシュバックの受取手続きメールはこちらに届くので忘れず覚えておきましょう。

GMOとくとくBBについてのまとめ

この記事のまとめ
  • 他社と比較し大きいキャッシュバック!
  • 本家UQ WiMAXよりも総額がお得!
  • 20日以内なら違約金なしで解約できる!
  • 端末代とクレードルも無料!
  • auスマートバリューmineでauユーザーはさらにお得!

GMOとくとくBBの今回のまとめは上の5つです。

高額キャッシュバックだけに目が行きがちなGMOのWiMAXですが、20日以内の違約金不要やクレードル無料など豊富なサービスも魅力です。

安く便利にWiMAXを使いたいならGMOとくとくBBは間違いなくおすすめのプロバイダです。

平均3万円を超えるキャッシュバックを定期的に実施するWiMAXはGMOとくとくBBしかありません。受取方法の注意点に気を付けお得に使いましょう!


GMOとくとくBBの公式HPはこちら