ホームルーター全10種比較から選ぶおすすめTOP5と契約前に知るべき全知識!

ホームルーター
ホームルーターのキャンペーンランキング

 

マサ
マサ
「Excite WiMAX比較」ライターのマサです。

家庭やオフィスの専用ルーターとして「ホームルーター」の申し込みを検討していますか?光回線などの固定回線と比べて格安で利用できるのがメリットです。

しかし製品の種類は多いためどれを選ぶのがよいか迷うはずです。そこで今回は数ある製品の中からベストなホームルーターを選ぶポイントを紹介します!

特に「モバレコエアー」は料金・使い心地ともに利用しやすいホームルーターなので注目してください!

そもそもホームルーターとは?

ホームルーター
(モバレコエアー)
モバイルルーター
(WiMAX-W06)
通信速度 下り最速:962Mbps 下り最速:1.2Gbps
通信制限 月間容量無制限
(※17時~24時は速度低下)
3日で10GB
同時接続台数 64台 10~16台
使用場所 屋内 屋内/屋外
電波の安定度

ホームルーターは本体をコンセントにつなぐだけですぐにインターネットが使える便利な機器です。固定回線の代わりとして人気があります。

モバイルルーターはポケットに入るサイズの大きさのため持ち運びに適した機器です。屋内・屋外でインターネットを使いたい場合におすすめです。

表では例としてホームルーターは「モバレコエアー」とモバイルルーターは「WiMAX(W06)」のスペックを記載しています。

本記事ではおすすめのホームルーターやメリット・デメリットを解説しているので参考にしてください。

ホームルーター厳選10種を3つの項目で徹底比較!

← 横にスクロールできます →

803ZT+クレードル
(ワイモバイル)4,380円988Mbps3日で10GB

平均月額 最大通信速度 容量制限
モバレコエアー 2,521円 962Mbps 無制限
ソフトバンクエアー 2,881円 962Mbps 無制限
L02
(GMOとくとくBB)
3,372円 1.2Gbps 3日で10GB
HOME02
(GMOとくとくBB)
3,372円 440Mbps 3日で10GB
L01s
(GMOとくとくBB)
3,372円 440Mbps 3日で10GB
WX06+クレードル
(GMOとくとくBB)
3,372円 440Mbps 3日で10GB
WX05+クレードル
(GMOとくとくBB)
3,372円 440Mbps 3日で10GB
W05+クレードル
(GMOとくとくBB)
3,372円 440Mbps 3日で10GB
L02
(au)
4,292円 1.2Gbps 3日で10GB

各社で発売されているホームルーターを「平均月額」「通信速度」「容量制限」でそれぞれ比較しました。

通信速度を見るとWiMAXが1Gbps(=約1,000Mbps)を超えているため速いことがわかります。しかし容量無制限とコストの安さで考えた場合「モバレコエアー」が使いやすくおすすめです。

またソフトバンクエアーも容量無制限なので注目したいところですが、モバレコエアーと比較し金額が僅かに高いのがネックです。

ホームルーターを選ぶ際に通信速度は大事ですが、無制限使えるのか金額はいくらなのかという点にも注目しましょう!

ホームルーターを選ぶ時の3つのポイント

ホームルーターを10社比較しましたがここからは、ホームルーターを選ぶ際注目すべきポイントを具体的に解説します。

上の3つを抑えた上で申し込めば失敗しません。次からひとつずつお伝えするので参考にしてください!

月額料金の安さに注目する!

モバレコエアー L02
(GMOとくとくBB)
803ZT+クレードル
(ワイモバイル)
平均月額 2,521円 3,372円 4,380円

ホームルーターを選ぶ際注目すべきポイントの1つは「月額料金の安さ」です。契約期間は2年以上と長期なので毎月の支払は少しでも抑えたいものです。

上では各サービスの平均月額をまとめています。

中でも最もお得なのは「モバレコエアー」です。ワイモバイルのように平均4千円を超えるサービスもある中モバレコエアーは2千円台とお得です。

金額の高いホームルーターの方が性能がよいというわけではありません。いかに安く快適に使えるかがポイントです。毎月の支払コストで選ぶならモバレコエアーをおすすめします。

通信速度の速さに注目する!

モバレコエアー HOME02
(GMOとくとくBB)
WX06+クレードル
(GMOとくとくBB)
通信速度 最大962Mbps 最大440Mbps 最大440Mbps

ホームルーターを選ぶときは「通信速度」にも注目しましょう。上の3つの製品を比べると最大速度はモバレコエアーが一番です。

通信速度はベストエフォート型のサービスを採用しているため、記載された数値は実際の速度ではありません。

基地局と端末間の無線区間における理想的な状況下で起こりうる速度です。とはいえ最大速度はより大きい方が高速な通信を期待できます。

そのため通信速度にこだわるなら最大962Mbpsのモバレコエアーを検討してみてください。

容量制限に注目する!

モバレコエアー L02
(GMOとくとくBB)
L02
(au)
容量制限 無制限 3日で10GB 3日で10GB

ホームルーターを選ぶときは使用可能な「容量制限」にも注目しましょう。大容量とはいえWiMAXには3日で10GBの制限が設けられています。一方のモバレコエアーは容量制限がありません。

つまり高画質な動画を長時間視聴しても一日中Webサイトを閲覧していても、それが理由で速度制限を受けることはありません。

ただしモバレコエアーの公式ページには回線が混雑する夜の時間帯や、膨大なサイズのファイルをダウンロードした際など速度が低下する場合があると記載されています。

モバレコエアーを選ぶときはその点覚えておいてください。

10種を比較して分かったホームルーターおすすめ総合ランキングTOP5

料金・速度・容量制限をそれぞれ踏まえた上で、おすすめのホームルーターをランキング形式でお伝えします。1位から順番に5位まで厳選して紹介するので参考にしてください。

次からひとつずお伝えします。

モバレコエアー

モバレコエアーのアイキャッチ画像
内容
平均月額 2,521円
キャッシュバック 17,000円
※金額は時期により異なる
契約期間 2年
支払い総額 60,508円
容量制限 無制限
最大通信速度 962Mbps

ホームルーターの第1位は「モバレコエアー」です。モバレコエアーは平均月額・速度・容量無制限で考えたとき他製品と比べて最も使いやすいホームルーターです。

記事執筆時点のキャッシュバックは17,000円ですが、時期によっては2万円を大きく超えることもあるので見逃せません。

平均月額2千円代は他製品と比べて明らかにお得です。平均4,380円のワイモバイル803ZT+クレードルと比較するとその差は2千円近くあります!

契約期間も2年となっておりWiMAXと比べ使いやすいのもメリットです。現在ホームルーターを検討しているならぜひモバレコエアーを選びましょう!詳細は下記のリンクを!


モバレコエアーの公式HPはこちら

L02(GMOとくとくBB)

auの置くだけ(置き型)WiFiの画像
内容
平均月額 3,372円
キャッシュバック 31,000円
※金額は時期により異なる
契約期間 3年
支払い総額 124,769円
容量制限 3日で10GB
最大通信速度 1.2Gbps

ランキング2位はGMOとくとくBBのL02です。

モバレコエアーやソフトバンクエアーと比べて3日で10GBの制限があるのはネックですが、最大速度は1Gbps越え、実効速度は100Mbpsほどのため快適に使える端末です。

またGMOとくとくBBで購入するメリットは高額キャッシュバックにあります。通常2万円を超えるキャッシュバックキャンペーンを実施しており、記事執筆現在は30,500円とよりお得です。

ただしモバレコエアーと比べると通信量を気にする必要があるためその点煩わしく感じるかもしれません。

普段あまりネットを使わないという場合はL02の申し込みを検討してみてください。詳細は下のリンク先を確認してみましょう!


GMOとくとくBBの公式HPはこちら

ソフトバンクエアー

softbank airのアイキャッチ画像
内容
平均月額 2,881円
キャッシュバック 30,500円
※金額は時期により異なる
契約期間 2年
支払い総額 69,160円
容量制限 無制限
最大通信速度 962Mbps

おすすめホームルーターの第3位は「ソフトバンクエアー」です。モバレコエアーと比較されがちなサービスですが、異なるのは料金とキャンペーンだけです。

端末自体のスペックは異なりません。というのもモバレコエアーはソフトバンクエアーのOEMに当たる製品だからです。

記事執筆時点のキャッシュバックは35,000円となっており高額ですが、平均月額はモバレコエアーに劣ります。両者で迷っているならよりコスパに優れたモバレコエアーをおすすめします。

公式サイトのリンクを下に紹介するので興味ある場合はチェックしてみてください!


ソフトバンクエアーの公式HPはこちら

HOME02(GMOとくとくBB)

home02
内容
平均月額 3,372円
キャッシュバック 31,000円
※金額は時期により異なる
契約期間 3年
支払い総額 124,769円
容量制限 3日で10GB
最大通信速度 440Mbps

ホームルーターの第4位に入るのはGMOとくとくBBの「HOME02 」です。

2位のL02と比べて最大速度の数値こそ高くありませんが、内部アンテナを備えているためWiFiエリアの範囲が広いのがメリットです。

ルーターを1Fに置き2Fの部屋でPCを使って作業をしたいという状況でも快適に使用できます。専用スマホアプリを用いれば現在のデータ使用量をリアルタイムに確認できるため便利です。

GMOとくとくBBで申し込むと記事執筆現在3万円を超えるキャッシュバックが貰えます!ぜひ公式ページをチェックしてみてください。


GMOとくとくBBの公式HPはこちら

L01s(GMOとくとくBB)

l01s
内容
平均月額 3,372円
キャッシュバック 31,000円
※金額は時期により異なる
契約期間 3年
支払い総額 124,769円
容量制限 3日で10GB
最大通信速度 440Mbps

最後第5位はGMOとくとくBBの「L01s」です。2位のL02の前のモデルですが未だ根強い人気があります。

WiMAX2+ハイパフォーマンス時における4x4MIMO CAに対応し下り最大速度440Mbpsの高速通信を実現します。ただしWiMAXなので3日で10GBの容量制限には注意しましょう。

シンプルな外観なので場所を問わず置きやすいのもポイントです。WiFiだけでなくLANポートを備えているため有線接続が可能です。無線と比べ安定した速度が期待できます。

詳細は下のリンク先をチェックしてみてください!


GMOとくとくBBの公式HPはこちら

ホームルーター選びで悩んだら「モバレコエアー」をおすすめする3つの理由!

モバレコエアーのアイキャッチ画像
モバレコエアーをおすすめする理由
  1. 支払総額がお得!
  2. 容量無制限なので使いやすい!
  3. 他社違約金を負担してくれる!

ホームルーターは数が多いためどの製品を契約するのが良いのか迷いますよね……!そんなときは「モバレコエアー」をおすすめします。

モバレコエアーの支払総額は他と比べてお得なのが理由です。総額10万円以上するGMOとくとくBBのL02に対しモバレコエアーは6万円代で利用できます。

WiMAXは一般的に3年間の契約期間ですがモバレコエアーは2年間の契約期間でよいためその点も使いやすくおすすめです。

また容量無制限なのもモバレコエアーのメリットです。3日で10GBや月間7GBといった縛りはないため快適にインターネットを楽しむことができます。

普段から動画や音楽をたくさん楽しみたいという場合は間違いなくおすすめです。またモバレコエアーでは他社違約金負担のキャンペーンも実施しています。

現在使用中のサービスからモバレコエアーに乗り換えると、解約時に発生する違約金・工事費を最大100,000分まで還元してくれます。

モバレコエアーは大変コスパに優れたホームルーターです!ぜひ申し込みを検討してみてください。


モバレコエアーの公式HPはこちら

通信速度が速いホームルーターならWiMAXの「L02」もおすすめ!

auの置くだけ(置き型)WiFiの画像
モバレコエアー L02
(GMOとくとくBB)
最大速度 962Mbps 1.2Gbps

最大速度にこだわるならL02も検討してみてください。モバレコエアーの最大962Mbpsに対してL02の最大速度は1.2Gbpsとより速いのがおすすめする理由です。

通信速度は使用する環境や回線の混雑状況によって変化しますが、それでも最大1Gbpsを超える数値は魅力です。

実効速度もL02はモバレコエアーの2倍の速度差が期待できるためより快適にネットを使用できます。全28社のWiMAXを比較した結果L02を契約するならGMOとくとくBBがおすすめです。

高額なキャッシュバックが貰えるのが最大のメリットです。ただし契約期間は3年間なのでその点は注意してください。詳細はこちらのWiMAX比較記事を参考にしてください!


GMOとくとくBBの公式HPはこちら

ホームールーターの契約前に知りたい4つのデメリットを解説!

簡単に使えて料金もお得なホームルーターですが上のように4つのデメリットもあります。この後からひとつずつ解説するのでぜひ覚えておいてください!

固定回線と比較し通信は安定しない!

速度

各家庭に光ファイバーを引き入れる光回線と比較しモバイル回線のホームルーターは通信の安定性に欠けます。安定した通信を望むなら固定回線がベストです。

また下り最大2GbpsのNURO 光などと比較した場合最大速度の面でも光回線には勝てません。ホームルーターでは現在L02の下り1.2Gbpsが最大速度です。

しかし光回線はその分月々の費用が5,000円前後と高いのがネックです。平均月額2千円台で利用できるホームルーターはコスパに優れています。

金額が大きくても速い方がよいというなら光回線も検討してください。

速度制限がないとはいえない!

光回線 モバレコエアー L02
(GMOとくとくBB)
容量制限 無制限 17時~24時は速度低下 3日で10GB

実質速度制限の全くない光回線と異なりホームルーターは速度低下ならびに容量制限が設けられています。

WiMAXの3日で10GBは有名です。しかしモバレコエアーでも利用者が多く回線が混雑しやすい時間帯など通信品質を保つために速度低下が起きる場合があるのです。

このことについては実際にモバレコエアーの公式ページにも記載されています。

少しでも速度低下するのは嫌だという場合は光回線をはじめとした固定回線の利用をおすすめします。

屋外で使用できない!

エラー

バッテリーを搭載していないホームルーターは屋外での使用には向きません。この点モバイルルーターと比較したデメリットです。

屋外でもコンセントを挿す場所がありサービスエリアの範囲内ならインターネットは使えますが、そもそも本体自体大きいものなので持ち運びに適していません。

ホームルーターは基本的に室内で使用するものだということを覚えておきましょう。

どうしても外でインターネットを使いたい場合はWiMAXやワイモバイルなどモバイルルーターの申し込みを検討してみてください。

使用する環境によっては通信が安定しない!

マンション

モバイル回線を使用するホームルーターは建物の影響を受けやすい点がデメリットです。そのため端末を設置する場所によっては快適にインターネットを利用できません。

ホームルーターは受信感度のよい場所を調べて置くことが大切です。ちなみに木造住宅と比較し鉄筋コンクリートの部屋は電波が弱くなる可能性が高いので注意してください。

ホームルーターはなるべく障害物の少ない窓際に置きましょう。どうしても電波状況が改善しない場合は固定回線の利用を検討してみてください。

それかTry WiMAXや初期契約解除制度を利用し試しに使ってみるのもひとつの手段です。

ホームルーターを契約する6つのメリットを解説!

ホームルーターには上の6つのメリットがあります。この後からひとつずつ解説するので参考にしてください。特に「すぐに使える」「月額料金が安い」点は注目すべき点です。

現在ホームルーターの申し込みを検討しているならぜひチェックしてみてください!

工事不要ですぐに使える!

モバレコエアー L02
(GMOとくとくBB)
光回線
利用開始までの期間 最短3日 最短翌日 1~2ヶ月後

コンセントに挿すだけですぐにインターネットを使える点がホームルーターのメリットです。ホームルーターなら最短翌日もしくは3日目に端末を受取ることがでできます。

回線工事の必要な光回線は利用開始まで最低でも1ヶ月間待つことになります。

また申し込みの混雑状況によっては2ヶ月、3ヶ月と待つこともあるためその間インターネットを使えないのがネックです。

ホームルーターなら工事は不要です。そのため工事費も節約できます。

工事費を支払うのが面倒、申込後すぐにインターネットを使いたいなどの場合はホームルーターを購入しましょう。

簡単な初期設定!

モバレコエアー初期設定
  1. Airターミナルに電源アダプタを挿す
  2. 端末をコンセントに挿す
  3. 機器側でSSIDを探しパスワードを入力する

ホームルーターの初期設定は簡単なので誰でもすぐに行えるのがメリットです。

上の例ではモバレコエアーの初期設定を解説しています。Airターミナル(モバレコエアー本体)に電源アダプタを挿しコンセントにつないでください。

そのあとWiFiを使用したい機器側(スマホやタブレットなど)でモバレコエアーのSSIDを検索しパスワードを入力すればインターネットが使えます。

SSIDとパスワードは本体背面のシールに記載されています。僅か数分で設定できるので手間はかかりません。

モバイルルーターと比較し通信が安定する!

電波の届く範囲

モバイルルーターと比較しホームルーターは電波が安定しやすいのがメリットです。

端末本体の大きいホームルーターはより広範囲のエリアをカバーします。そのため1階に置かれたルーターからの電波が2階の部屋まで届かないということはありません。

異なる部屋で使用するような環境ではホームルーターが適しています。

同時接続台数が多い!

モバレコエアー L02
(GMOとくとくBB)
WX06
同時接続台数 64台 40台 16台

ホームルーターはモバイルルーターと比較し同時接続台数の数が多いのが特徴です。モバイルルーターのWX06が最大16台なのに対しL02は40台、モバレコエアーは64台も接続できます。

特に使用する人数・機器が多いファミリーやオフィスでの利用にホームルーターは適しています。

スマホ・タブレット・ゲーム機などインターネットにアクセスできる機能なら利用可能です。

今後ますますインターネットにアクセス可能な機器は増えるので、同時接続数の多いホームルーターはおすすめです。

光回線と比べて月額料金がお得!

モバレコエアー L02
(GMOとくとくBB)
フレッツ 光ネクスト
(※光回線)
平均月額 2,521円 3,372円 6,270円

ホームルーターは光回線と比べて月額料金がお得なのがメリットです。上の表を見るとわかりますが光回線のフレッツ光は戸建ての場合月額6,270円かかります。

GMOとくとくBBおよびモバレコエアーと比較すると明らかに金額が大きいことがわかるはずです。

インターネット回線は長期間利用するものなので毎月の支払が安くすむコスパに優れたサービスを選ぶのがポイントです。

金額を抑えて快適にインターネットを使うならホームルーターをおすすめします。

引っ越してもすぐ使える!

ホームルーターは引っ越しの場合でも解約手続き不要で、すぐまたインターネットを使うことができます。

光などの固定回線の場合引っ越し先が同じインターネットサービスの対象エリア外だった場合、解約して新しいプロバイダを探し加入し直さなくてはいけません。

面倒な解約手続きの他、場合によっては高額な違約金も発生するためそれらを考えると面倒です。

ホームルーターなら引っ越し先でも本体をコンセントに挿すだけでそのまま使えるため手間はかかりません。

ホームルーターはこんな人におすすめ!

ホームルーターをおすすめします!
  1. 工事費を節約したいひと!
  2. 自宅でだけインターネットが使いたい人
  3. すぐに使いたい人!

上記3つに当てはまる人にホームルーターをおすすめします。まず「工事費を節約したい人」です。光回線だと回線工事費にかかる費用は20,000円~40,000円します。

一方工事が不要のホームルーターは回線工事費をカットできるため便利です。なおホームルーターは「家でだけインターネットが使用できればよい」という人に向いています。

モバイルタイプと比べて同時接続台数が多いことや電波が安定しやすいためファミリーやオフィス向けです。ただし屋外でもインターネットを楽しみたいならモバイルタイプを選択してください。

また固定回線と比較し契約後すぐに使えるのもホームルーターのメリットです。「すぐに使いたい人」はホームルーターを選びましょう。

以上の条件を検討し当てはまる場合は申し込んでください!

ホームルーターについての5つのFAQ

ホームルーターに関するよくある質問をまとめました。これから申し込みを考えている場合はぜひ事前にチェックしてみてください!

SIMフリーのホームルーターはありますか?

最新機種の中ではGMOとくとくBBのL02がSIMロックフリー端末です。モバレコエアーやソフトバンクエアーはSIMフリーではありません。

5Gに対応したドコモのホームルーターは使いやすいですか?

現在まだまだ5G対応エリアは狭いため購入しても5Gの恩恵を得られるチャンスは少ないでしょう。また端末価格は7万円近いため高額です。そのため現時点ではおすすめしません。

ホームルーターの価格を教えてください。

通常購入した場合最大5万円以上しますが、モバレコエアー・ソフトバンクエアー・GMOとくとくBBともにキャンペーンにより端末代は無料となります。

WiMAX2+が使えるホームルーターが知りたい。

現在発売されているWiMAXのホームルーターならWiMAX2+回線に対応しています。ソフトバンクエアーならびにモバレコエアーでは使用できません。

ホームルーターの実効速度はどの程度?

実効速度は使用する環境によっても異なりますが最大で100Mbps前後と考えてください。

ホームルーターについてのまとめ

この記事のまとめ
  • 月額料金の安さに注目する!
  • 通信速度の速さに注目する!
  • 容量制限に注目する!
  • おすすめはモバレコエアー!

今回の記事ではホームルーターを10種比較し最もおすすめの製品を紹介しました。

ホームルーターを選ぶときは「月額料金の安さ」「通信速度」「容量制限」に注目しましょう。今回10種類比較した中で最もおすすめは「モバレコエアー」です。

ホームルーター選びで迷っているなら使いやすさとコスト面で優れたモバレコエアーを申し込めば間違いありません。

詳細を知りたい場合は下のリンクからモバレコエアーの公式ページをチェックしてみてください!




ランキングに戻る


公式HPを見る