【デビットカードはNG!】WiMAXをクレカ無しで契約する方法を解説!

WiMAX,デビットカードのアイキャッチ
マサ
マサ
「Excite WiMAX比較」ライターのマサです。

WiMAXの支払いにデビットカードを使用したいと考えていますか?

残念ながらどのWiMAXもクレジットカード払いがメインなのでデビットカードは使えません。

そこで今回はクレジットカード無しでWiMAXを契約する方法を紹介します。結論からいうと「口座振替」がベストです。詳細は本文をチェックしてください!

またおすすめのプロバイダとして「Broad WiMAX」を挙げていますのでその理由も合わせて確認してみてください。

WiMAXはデビットカードで支払いできる?全28社の対応状況を紹介!

← 横にスクロールできます →
プロバイダ デビットカード クレジットカード 口座振替
GMOとくとくBB × ×
so-net WiMAX × ×
BIGLOBE WiMAX ×
UQ WiMAX ×
EXWiMAX ×
BroadWiMAX ×
DTI WiMAX ×
クラウドモバイル WiMAX × ×
朝日ネット WiMAX × ×
JP WiMAX × ×
カシモ WiMAX × ×
novas wimax × ×
J;COM WiMAX ×
YAMADA air mobile WiMAX ×
BICWIMAX ×
au WiMAX ×
ワイヤレスゲート WiMAX × ×
エディオンネット WiMAX ×
DISmobile WiMAX ×
Tiki mobile WiMAX × ×
GREEN WiMAX ×
KT WiMAX × ×
PCDEPO WIMAX × ×
hi-ho モバイルコース-WiMAX 2+ × ×
Drive WiMAX ×
Smafi WiMAX × ×
縛りなしWiFi ×
SPACE WiFi ×

現在WiMAXのサービスを提供している全28社ですが、残念ながらデビットカードで申込できる事業者は存在しません。上の表を見てもらうとわかるようにクレジットカード払いがメインです。

基本的に口座振替が可能な会社も多くありません。

原則「審査無し」で申込め預金口座残高の範囲内で利用できるため「使いすぎの心配のない」点がメリットのデビットカードですが、WiMAXでは使えないのであきらめるしかありません。

そこでクレジットカードを持っていない場合の代替案としておすすめしたいのが「口座振替」です。数は多くありませんが対応したWiMAXはいくつか存在します。

WiMAXをクレカ無しで契約するなら「口座振替」をおすすめする3つの理由!

WiMAXの申込にあたりクレジットカードを持っていない場合は「口座振替」をおすすめします。次からその3つの理由を解説するのでぜひ知っておいてください。

クレジットカード払いのみ対応のプロバイダより平均月額を抑えることができる!

Broad WiMAX Drive WiMAX ワイヤレスゲート WiMAX
平均月額 4,059円 4,380円 4,246円

WiMAXは口座振替で申し込むとクレジットカード払いよりもお得に使える場合があります。

上の表ではワイヤレスゲートWiMAXがクレジットカード払いのみ対応しているWiMAXですが、口座振替が可能なBroad WiMAX、Drivie WiMAXと比較し平均月額が高いことがわかります。

口座振替に対応したWiMAXの中でもBroad WiMAXは特に平均月額がお得なWiMAXとして現在人気です。WiMAXを口座振替で申し込むならBroad WiMAXをおすすめします!

クレジットカード払いよりも3年間の総額を抑えることができる!

Broad WiMAX YAMADA air mobile WiMAX KT WiMAX
3年間の総額 150,209円 158,560円 158,560円

口座振替に対応したWiMAXは、クレジットカード払いしか対応しないWiMAXと比較し3年間の総額を抑えられる場合があります。

上の表ではKT WiMAXがクレジットカード払いにしか対応していませんが、口座振替に対応するBroad WiMAXよりも金額が大きいことがわかるはずです。

口座振替に対応したWiMAXは一般的に高いイメージもあるのですが、実際はBroad WiMAXのようにお得に使えるプロバイダも存在します。

ネット回線は長く利用するものなので少しでも総額を抑えられるWiMAXを選ぶのがお得に使うコツです!

銀行口座なら誰でも開設できる!

キャッシュカード

銀行口座はクレジットカードと違い誰でも開設できます。15歳以上であれば学生でも働いていなくても問題ありません。ただし外国人の場合は在留カードが必要です。

申請する際は最寄りの銀行に出向き写真付きの身分証明書を提出するだけです。最近ではWeb上でも簡単に作成できます。

例えば三菱UFJ銀行の場合専用アプリをダウンロードし本人確認書類をアップロード、お客様情報の入力を行えば簡単に口座がつくれます。

クレジットカードの場合は残念ながら「審査」が入るため条件によっては作成できないケースもあります。

WiMAXを口座振替で申し込むなら「Broad WiMAX」をおすすめする3つの理由!

BroadWiMAXの画像

口座振替で申し込むなら「Broad WiMAX」が最もおすすめです。この項目ではその具体的な理由について3つ次から解説するのでチェックしてください!

端末代が無料!

Broad WiMAX UQ WiMAX BIGLOBE WiMAX
3年間の総額 0円 15,000円 19,200円

Broad WiMAXをおすすめする理由のひとつは端末代が無料ということです。本来WiMAXルーターは定価2万円ほどします。

WiMAXの回線元にあたるUQ WiMAXでは15,000円、BIGLOBE WiMAXは19,000円となっておりいくらか安くなっていますが、それでもどちらも1万円を超える金額なのがネックです。

Broad WiMAXはモバイルタイプ・ホームルータータイプ問わず無料なのがメリットです。当然最新端末も扱っており通常通り選択できます。

口座振替に対応するWiMAXの中でも端末代を抑えたいならBroad WiMAXを選びましょう!

違約金無料で他サービスに乗換できる!

Broad WiMAXはいつでも違約金無料で他の回線サービスに乗換ることができる「いつでも解約サポート」というサービスを実施しています。

これはWiMAXのサービスに満足できないとき提供元の株式会社リンクライフが運営する他サービスに違約金0円で乗り換えできるというものです。

はじめてWiMAXを利用する場合電波や速度についての心配もあると思います。契約した後気に入らないときはこちらのサービスを利用し他回線に乗り換えるのもひとつの手です。

いつでも解約サポートのようなサービスは他のWiMAXでは実施されていません。Broad WiMAXだけの便利なサービスです!

au 4G LTEの使用料が無料!

Broad WiMAX UQ WiMAX BIGLOBE WiMAX
au 4G LTE使用料 無料 1,005円/月 1,005円/月

Broad WiMAXは他の口座振替対応WiMAXと異なりau 4G LTE使用料が無料です。au 4G LTEとはハイスピードプラスエリアモードで使用可能なLTE回線です。

WiMAX2+よりも広いエリアで使えるのがメリットで、例えば地下や郊外でも電波が入りやすいのが特徴です。他社の場合は使用した月に限り別途1,005円請求されます。

しかしBroad WiMAXは使用しても料金を請求されません。そのためWiMAX2+の電波が入りにくいと感じたときはぜひLTE回線を試してみてください。

ただしひと月7GBまでの通信制限があるのでその点はお忘れなく!

Broad WiMAXの公式HPはこちら

以前はWiMAXの契約でデビットカードで支払いできたって本当?

以前はデビットカードによる支払を受け付けていたWiMAXも存在しました。例えばラクーポンWiMAXなどですが残念ながら現在は存在していません。

インターネットでWiMAXのデビットカード対応状況について検索すると、かつて対応していたプロバイダを未だに紹介しているサイトも少なくありません。

しかし現在のWiMAXはどこもクレジットカードおよび口座振替のどちらかにしか対応しませんので注意しましょう!

WiMAXの契約でデビットカードが使えない理由まとめ

この記事のまとめ
  • 口座振替なら平均月額を抑えることができる!
  • 口座振替ならクレジットカード払いよりも3年間の総額を抑えることができる!
  • 銀行口座なら誰でも開設できる!

今回はWiMAXのデビットカード払いについての解説でした。お伝えしてきた通り現在のWiMAXではクレジットカード払いが主流です。

どうしてもカードをつくれないなどの場合は誰でもすぐ開設できる「口座振替」に対応した事業者を選択しましょう。

中でも高額な端末代が無料、他社サービスへの乗り換え違約金無料、au 4G LTE使用料が無料のBroad WiMAXが最も使いやすくおすすめです!

本記事を読んで興味を持ったならまずは下のリンクから公式ページをチェックしてみてください!

Broad WiMAXの公式HPはこちら