WiMAXルーター全16種を比較して最新おすすめ端末をタイプ別に紹介!

take
take
Excite WiMAX比較」のライターtakeです。

この記事ではWiMAXのルーターについて紹介します。

WiMAXのルーターの選び方や、各種モバイルルーターの性能を徹底比較!その上でおすすめのWiMAXルーターをお伝えしていきます。

各社プロバイダで使えるルーターやWiMAX解約後のルーターの使い道やについても解説していくので、この記事を読めばWiMAXのルーターに関するあらゆる疑問が解消するはずですよ!

まずはじめに!WiMAXの端末にはモバイルルーターとホームルーターがあります!

モバイルルーター ホームルーター
本体 UQWiMAX公式サイトW06画像 UQWiMAX公式サイトHOMELO2画像
使う場所 外(家)
メリット
  • どこでも使える
  • 選べる機種の種類が多い
  • 小さくて場所を取らない
通信が安定しやすい
デメリット ホームルーターよりも通信が不安定
  • 家以外では使えない
  • 選べる機種の種類が少ない
  • 置くためにはスペースが必要
おすすめする人 外出先でWiMAXを使うことが多い人 家以外ではWiMAXを使わない人
おすすめしない人 家以外ではWiMAXを使わない人 家以外でもWiMAXを使う可能性がある人
おすすめの機種 W06、WX06 HOME L02、HOME02

WiMAXの端末には外でも家でも使える『モバイルルーター』と、家専用の『ホームルーター』があります。

それぞれのメリットやおすすめの機種などを表にまとめましたが、家だけでしか使わないなら『ホームルーター』を、外でも使う可能性があるなら『モバイルルーター』を選ぶようにしましょう。

WiMAXくん
WiMAXくん
外で使わないならホームルーター、外でも使うならモバイルルーター!

WiMAXのルーターの選び方を3つのポイントで徹底解説!

続いて、WiMAXのルーターを選ぶ際のポイントについて解説していきます。

次の3つのポイントを抑えておけば、WiMAXのルーター選びで間違うことは無いはずですよ!

WiMAXのルーターの選び方①:最新の端末を選ぶ!

Wシリーズ WXシリーズ
本体 UQWiMAX公式サイトW06画像 UQWiMAX公式サイトWX06画像
メーカー HUAWEI NEC
モデルチェンジの時期 毎年1月~2月頃 毎年11月頃
最新機種 W06 WX06

WiMAXの端末は1年に2回ほどのペースでモデルチェンジを繰り返しています。

ここ数年の流れを見ると、HUAWEI製のWシリーズは毎年1月~2月に、NEC製のWXシリーズは毎年11月に最新機種が発売される傾向にあります。

当然のことながら、古い機種よりも新しい機種のほうが性能が良いので、WiMAXのモバイルルーターを選ぶ際にはWシリーズかWXシリーズの最新端末を選ぶようにしましょう!

なお、ホームルーターについては『HOME 02』が最新機種ですが、この記事では通信速度に優れている『HOME L02』をおすすめしています。

機種の新しさやコンパクトさを重視する人は『HOME 02』を、通信速度を重視する人は『HOME L02』を選ぶのが良いでしょう。

WiMAXのルーターの選び方②:最大通信速度の早い端末を選ぶ!

機種名 最大通信速度(下り) 最大通信速度(上り)
W06
UQWiMAX公式サイトW06画像
867Mbps 75Mbps
W05
UQWiMAX公式サイトW05画像
558Mbps 30Mbps
WX06
UQWiMAX公式サイトWX06画像
440Mbps 75Mbps
WX05
UQWiMAX公式サイトWX05画像
440Mbps 75Mbps
W04
UQWiMAX公式サイトW04画像
440Mbps 30Mbps
WX04
UQWiMAX公式サイトWX04画像
440Mbps 30Mbps

WiMAXのルーター選び2つ目のポイントは、最大通信速度です。最大通信速度の速い端末を選ぶことで、快適に利用できる可能性が上がるはずです。

WiMAXのモバイルルーターには下り(受信)と上り(送信)という2つの数字がありますが、基本的には下りの最大通信速度だけを見ておけば大丈夫です!

大量にメールを送る場合や動画をアップロードする機会が多い場合のみ、上りの最大通信速度をチェックするようにしましょう。

とは言え、下りの最大通信速度が速い機種は、それに並行して上りの最大通信速度も速い傾向にあるので、上りの通信速度を細かくチェックする必要は無いと思います。

WiMAXのルーターの選び方③:バッテリーの持ちが良い端末を選ぶ!

機種名 連続通信時間 連続待ち受け時間
WX06
UQWiMAX公式サイトWX06画像
約11.5時間 約700時間
WX05
UQWiMAX公式サイトWX05画像
約11.5時間 約700時間
WX04
UQWiMAX公式サイトWX04画像
約11.5時間 約700時間
W06
UQWiMAX公式サイトW06画像
約9時間 約800時間
W05
UQWiMAX公式サイトW05画像
約9時間 約850時間
W04
UQWiMAX公式サイトW04画像
約8時間 約850時間

最後の3つ目のポイントはバッテリーの持ちです。連続通信時間・連続待ち受け時間が長いWiMAXのモバイルルーターを選ぶことで、充電が切れてしまう可能性は低くなるでしょう。

ただし、それほど長時間外出しないという場合や、外出先で充電できる環境がある場合、モバイルバッテリーを持っている場合にはそれほど気にする必要は無いでしょう。

どちらかと言うと2つ目のポイントである最大通信速度を重視した方が良いと思いますが、利用目的によってはバッテリーの持ちを重視したほうが良いかも知れませんね!

2020年最新!WiMAXのルーター18種を徹底比較!

機種名 発売日 最大通信速度(下り) 連続通信時間
Wx06
2020年1月30日 440Mbps 約11.5時間
HOME 02
2020年1月30日 440Mbps
W06
UQWiMAX公式サイトW06画像
2019年1月25日 867Mbps 約9時間
HOME L02
UQWiMAX公式サイトHOMELO2画像
2019年1月25日 558Mbps
HOME 01
UQWiMAX公式サイトHOME01画像
2018年12月7日 440Mbps
WX05
UQWiMAX公式サイトWX05画像
2018年11月8日 440Mbps 約11.5時間
W05
UQWiMAX公式サイトW05画像
2018年1月19日 558Mbps 約9時間
WX04
UQWiMAX公式サイトWX04画像
2017年11月1日 440Mbps 約11.5時間
W04
UQWiMAX公式サイトW04画像
2017年2月17日 440Mbps 約9時間
WX03
UQWiMAX公式サイトWX03画像
2016年12月2日 440Mbps 約10時間
W03
UQWiMAX公式サイトW03画像
2016年6月4日 370Mbps 約10時間
W02
UQWiMAX公式サイトW02画像
2016年2月19日 220Mbps 約7時間
WX02
UQWiMAX公式サイトWX02画像
2015年11月27日 220Mbps 約7時間
WX01
UQWiMAX公式サイトWX01画像
2015年3月12日 220Mbps 約11.5時間
W01
UQWiMAX公式サイトW01画像
2015年1月30日 220Mbps 約8時間
HWD15
UQWiMAX公式サイトHWD15画像
2014年7月31日 110Mbps 約11時間
NAD11
UQWiMAX公式サイトNAD11画像
2014年6月20日 110Mbps 約7時間
HWD14
UQWiMAX公式サイトHWD14画像
2013年10月31日 110Mbps 約9時間

2020年2月時点でのWiMAXのルーター18種を一覧でまとめました。

前章の3つの選び方を踏まえて比較してみましたが、速度を重視する人は『W06』を、バッテリーの持ちを重視する人は『WX06』を選んでおけば間違い無いでしょう!

『W06』『WX06』に加えて、おすすめのWiMAXホームルーター『HOME LO2』の詳しいスペックなどをお伝えしていきますね。

WiMAXのおすすめモバイルルーター①:速度を重視するなら『W06』!

UQWiMAX公式サイトW06画像
正式名称 Speed Wi-Fi NEXT W06
発売日 2019年1月25日
製造元 HUAWEI
最大通信速度(受信) 867Mbps
最大通信速度(送信) 75Mbps
連続待ち受け時間 約800時間
連続通信時間 約8時間
バッテリー容量 3,000mAh
対応ネットワーク
  • WiMAX 2+
  • au 4G LTE
サイズ 約128×64×11.9mm
重量 約125g
同時接続台数 16台

速度を重視する人にイチオシのモバイルルーターは、HUAWEIの最新機種である『W06』です!

最大通信速度は867Mbpsと、他のWiMAXルーターを圧倒しています。

バッテリーの性能では『WX06』に劣りますが、長時間外でモバイルルーターを使うという人を除けば、『W06』を選んでおけば間違いないと思いますよ!

WiMAXのおすすめモバイルルーター②:通信時間を重視するなら『WX06』

UQWiMAX公式サイトWX06画像
正式名称 Speed Wi-Fi NEXT WX06
発売日 2020年1月30日
製造元 NECプラットフォームズ株式会社
最大通信速度(受信) 440Mbps
最大通信速度(送信) 75Mbps
連続待ち受け時間 約700時間
連続通信時間 約11.5時間
バッテリー容量 3,200mAh
対応ネットワーク
  • WiMAX 2+
  • au 4G LTE
サイズ 約111×62×13.3mm
重量 約127g
同時接続台数 16台

通信時間の長いモバイルルーターを使いたい人は、NECの最新機種である『WX06』を選びましょう。

『W06』に比べると通信速度では劣るものの、連続通信時間が長く、長時間充電できないという場合にも安心して使えます。

また、日本製のモバイルルーターだという安心感もあるので、中国製よりも日本製のモバイルルーターを使いたい人はぜひ『WX06』を選んでみて下さいね!

WiMAXのおすすめホームルーター:家だけで利用するなら『HOME L02』!

UQWiMAX公式サイトHOMELO2画像
正式名称 Speed Wi-Fi HOME L02
発売日 2019年1月25日
メーカー HUAWEI
最大通信速度(受信) 558Mbps
最大通信速度(送信) 30Mbps
対応ネットワーク
  • WiMAX 2+
  • au 4G LTE
サイズ 約93×178×93mm
重量 約436g
同時接続台数 40台

続いてWiMAXのホームルーターを紹介します。家だけでWiMAXを利用するという場合には、HUAWEIの最新機種である『HOME L02』を選んでおけば間違いないでしょう。

『HOME L02』は通信速度が速いだけでなく、高感度のアンテナによる安定通信が期待できるという特徴があります。

光回線と違って工事をする必要はありませんので、引っ越し直後などでもすぐにネットに接続することが出来ますよ!

UQやauなどのプロバイダによって選べるWiMAXのルーターは変わります!

サービス名 選べるモバイルルーター 選べるホームルーター
GMOとくとくBB WiMAX WX06、W06 HOME02、HOME L02
Broad WiMAX WX06、W06 HOME02、HOME L02
UQ WiMAX W06、WX05、W05 HOME02、HOME L02、HOME01、HOME L01/L01s
au WiMAX W06、WX05、W05 HOME L02、HOME01、HOME L01s
JPWiMAX W06、W05 HOME L02

WiMAXにはいくつものプロバイダがありますが、プロバイダによって選べる端末には違いがあります。

この記事でおすすめした4種類のルーターが使えないようなプロバイダもあるので、プロバイダ選びには注意が必要です…。

例えば、2020年2月時点では、JPWiMAXでは『WX06』を選ぶことが出来ません…。

また、最新機種が発売された直後に、すぐに取り扱いが始まるプロバイダもあれば、数カ月後にやっと取り扱いスタートするようなプロバイダも…。

当サイトのイチオシであるGMOとくとくBBは、最新機種への対応が比較的早い傾向にありますが、WiMAXのプロバイダを選ぶ際には対応機種をしっかり確認しておきましょう!

take
take
最新の端末が使えるプロバイダを選びましょう!

格安SIMで再利用?買取?WiMAX解約後のルーターの使い道を解説します!

WiMAX解約後のルーターの2つの使い道
  1. SIMフリールーターとして再利用する
  2. 売却する

WiMAXを解約した後には、ルーターは契約者のものとなります。解約後のルーターの使い道は大きく分けると上記の2つです。

それぞれの使い方について詳しく見ていきましょう!

WiMAXをSIMフリールーターとして再利用するなら格安SIMとの契約を!

無制限プランの有無 プラン別の月額料金
スマホドッグモバイル あり
  • 7.5GB:1,890円
  • 10GB:2,190円
  • 無制限プラン:4,380円
楽天モバイル なし
  • 3.1GB:900円~
  • 5GB:1,450円~
  • 10GB:2,260円~
  • 20GB:4,050円~
  • 30GB:5,450円~
IIJmio なし
  • 3GB:900円~
  • 6GB:1,520円~
  • 12GB:2,560円~
BIGLOBEモバイル なし
  • 3GB:900円~
  • 6GB:1,450円~
  • 12GB:2,700円~
  • 20GB:4,500円~
  • 30GB:6,750円~
mineo なし
  • 500MB:700円~
  • 3GB:900円~
  • 6GB:1,580円~
  • 10GB:2,520円~
  • 20GB:3,980円~
  • 30GB:5,900円~

解約済みのWiMAXを、SIMフリーモバイルルーターとして再利用するなら、格安SIMと契約をしましょう。格安SIMのメリットは、何と言っても料金が安いこと!

その代わり、容量や通信の安定性などではWiMAXよりも劣る可能性が高いので、補助的な使い方をした方が良いかも知れませんね。

ポケットWiFiで使えるおすすめの格安SIMについては別の記事で詳しく解説しています。そちらの記事もぜひ確認してみて下さいね!

WiMAXルーター売却や中古品の買取価格の相場はソフマップ・ヤフオク・メルカリなどで確認!

サービス名 概要 URL
ソフマップ 家電・PC・周辺機器の通販サイト https://www.sofmap.com/
ヤフオク 日本最大級のオークションサイト https://auctions.yahoo.co.jp/
メルカリ 日本最大級のフリマアプリ https://www.mercari.com/jp/

WiMAXのルーターを売却する際や、売却前に買取価格の相場を確認したい場合には、ソフマップ・ヤフオク・メルカリなどで検索してみましょう。

ソフマップはパソコンの周辺機器やパーツが売買されているサイトなので、ヤフオクやメルカリだけでなくこちらも確認してみることをおすすめします。

ただ、メルカリやヤフオクの方が出品数は多いと思うので、使い慣れているサイトやアプリを利用したほうが良いかも知れませんね!

WiMAXのルーターについてまとめ

この記事のまとめ
  • WiMAXのルーターはホームルーターとモバイルルーターの2種類に大別出来る
  • 外で利用することが多い場合はモバイルルーターを、家でしか使わない場合はホームルーターを選ぼう!
  • 速度の速いモバイルルーターを探している人には『W06』がおすすめ!
  • バッテリーが長持ちするモバイルルーターを探している人には『WX06』がおすすめ!
  • WiMAXのホームルーターを探している人には『HOME L02』がおすすめ!
  • 解約済みのWiMAXは契約者のものとなります!
  • 解約済みのWiMAXをSIMフリーモバイルルーターとして活用したいなら格安SIMと契約しよう!
  • 解約済みのWiMAXを売却する際はヤフオク・メルカリ・ソフマップなどを利用しよう!

以上のような内容をお届けしました。WiMAXのルーター選びで迷った時は、この記事で紹介しているポイントをしっかり抑えておけば間違いありません!

この記事を参考に、WiMAXの端末選びで失敗しないようにして下さいね。

モバイルルーター全種のスペックを再度確認する!