WiMAX(ワイマックス)とは?メリット・デメリットや契約前に知るべき全知識を解説!

WiMAXのアイキャッチ画像
マサ
マサ
ポケットwifiをおすすめする総合メディア「Excite WiMAX比較」ライターのマサです。

一口に「WiMAX」と言っても、「GMOとくとくBB」「Broad WiMAX」など様々な種類がありますし、「LTEと何が違うのか?」「海外では使えるの?」など素人にはわからないことが多いですよね…!

今回はWiMAXについてそもそもどのようなサービスなのか、メリットやデメリットは何なのかなど詳しくお伝えします。

また気になる速度制限や解約時の違約金についても触れているので参考にしてください。

WiMAXの事業者は現在30社近くもあるのですが中でも「GMOとくとくBB」は最もお得なプロバイダです。その理由についても解説しているので最後までチェックしてみてください!

そもそもWiMAX(ワイマックス)とは?まずは基本情報を知ろう!

← 横にスクロールできます →
WiMAX ポケットwifi
(※ワイモバイル)
クラウドWiFi
通信速度 1.2Gbps 988Mbps 150Mbps
通信制限 3日で10GB 3日で10GB 無制限
通信回線 WiMAX2+/au 4G LTE ソフトバンクLTE ドコモ・au・ソフトバンクの4G LTE
通信の安定性
ルータータイプ モバイルタイプ/ホームルータータイプ モバイルタイプ モバイルタイプ
端末代 0円~ 10,000円~30,000円 無料
配送料 無料 無料 無料
発送 最短即日発送 最短翌日発送 最短即日発送
契約期間 期間条件なし~3年間 3年間 期間条件なし~2年間
平均月額 3,386円
(※GMOとくとくBB)
4,400円 3,480円
(※どんなときもWiFi)
違約金 0円~約20,000円 9,500円 0円~19,000円
支払方法 クレジットカード/口座振替 クレジットカード/口座振替 クレジットカード/口座振替

WiMAXはUQコミュニケーションズ株式会社が提供するモバイルWiFiサービスです。小型のWiMAXルーターさえあれば家の中だけでなく外でもインターネットを使用できます。

月々の料金は3千円台からとなっておりリーズナブルな価格です。モバイルWiFiには他にもポケットWiFiやクラウドWiFiなどありますが最大速度1Gbpsを超えるのはWiMAXだけです。

WiMAXなら動画視聴やオンラインゲーム、ネットサーフィンなど幅広いサービスを快適に使うことができます。

ただし3日で10GBを超える通信を行うと速度制限がかかるので注意してください。本記事でメリット・デメリットを把握し問題ないようなら申込を検討しましょう。

WiMAX(ワイマックス)を契約する2つのデメリットを解説!

屋内・屋外で使用できる便利なWiMAXにもデメリットは存在します。次からひとつずつ解説するのでこれから申し込むならぜひ覚えておきましょう!

①:サービスエリアはLTEより狭い!

日本地図

WiMAXのメイン回線WiMAX2+はLTEと比較し利用できるエリアが狭いです。携帯電話の通信規格であるLTEはより広いエリアで利用できるのが特徴です。

事実こちらのWiMAX2+のエリアを見てもらうとわかりますが、こちらのポケットWiFi(LTE)と比べて狭いことがわかります。

都心部は問題なくカバーするWiMAXですが郊外だとまだまだつながりにくい場所が存在します。しかし日々エリア拡大に努めているため今後はさらに利用できるエリアは広がるはずです。

ちなみにWiMAXは通信モードを切り替えることでauのLTEも使用できます。電波が入りにくいなと感じたときはau 4G LTEに対応したハイスピードプラスエリアモードを設定してみてください。

②:場所によっては通信が安定しない!

← 横にスクロールできます →
エリア WiMAX LTE
都心部
山間部
地下街

WiMAX2+は周波数の特性上障害物に強くないため場所によっては通信が安定しません。特に地下街や鉄筋コンクリート製の建物内などは電波が安定せず速度が出ない場合もあります。

しかし近年通信設備の拡充により徐々に利用できるエリアは増えてきています。そのため今後は地下でもスムーズに通信できるようになるでしょう。

また最新のモバイルタイプWX06やW06は2.4Ghz・5GHzの同時利用や、高性能ハイモードアンテナを搭載されているためよりつながりやすくなっています。

それでも電波が心配な場合はポケットWiFiやクラウドWiFiのようにLTEがメイン回線のサービスを選びましょう。

WiMAX(ワイマックス)を契約する5つのメリットを解説!

WiMAXはデメリットもありますがそれ以上にメリットの多いサービスです。ここでは具体的に上記で挙げたメリットの詳細を次から解説します。

WiMAXの申し込みを検討している場合はぜひチェックしてみてください!

①:工事不要ですぐ使える!

← 横にスクロールできます →
WiMAX 固定回線
回線工事 なし あり
利用開始までの期間 最短当日 申し込みから1~2ヶ月後

WiMAXのメリットは回線工事不要ですぐ使えることです。光回線やCATVなどの固定回線ではインターネットを使用するために回線工事が必要です。

そのためはやくて申し込みから1ヶ月後、混雑状況などにより時間がかかると3ヶ月程度かかる場合もあります。WiMAXは店舗申し込みに対応したところなら契約当日に端末を受取れます。

特別難しい設定は必要なくSSIDとパスワードを入力すればすぐにインターネットにつながるため便利です。固定回線は利用できるまでネットを使えないのがネックです。

できるだけはやくインターネットを使いたいならWiMAXをおすすめします!

②:通信速度が他のモバイル回線と比較し速い!

← 横にスクロールできます →
WiMAX ポケットWiFi クラウドWiFi
最大速度 1.2Gbps 988Mbps 150Mbps

WiMAXは他のモバイル回線と比較し速度が速いのがメリットです。上の表を見てもらうとわかりますが現在最大速度は1Gbpsを超え光回線並みの速さです。

ベストエフォート型のサービスなので実効速度は最大100Mbps程度ですがそれでも快適なのには違いありません。特に現在ではW06が最速の端末です。

モバイル回線の速度にこだわるならWiMAXを、中でもW06を選びましょう!

③:auのLTEも使える!

LTE

WiMAXのメリットはauのLTEが使えることです。WiMAXの電波は通信速度は速いのですが周波数の特性上障害物に強くありません。そのため使用する場所によっては速度が落ちてしまいます。

一方700MHz~900MHzの周波数帯「プラチナバンド」を使用するLTEは障害物に強くつながりやすいのが特徴です。

そのためつながりにくいと感じるときは通信モードをLTEが使用できるハイスピードプラスエリアモードに切り替えてみてください。つながりやすさが改善されます。

ただしハイスピードプラスエリアモード使用時は月間7GBの容量制限があるのでその点は注意してください。

④:同時接続台数が多い!

← 横にスクロールできます →
WX06 W06 L02
最大同時接続台数 16台 16台 40台

WiMAXには同時接続台数が多いというメリットもあります。同時接続台数とはタブレットやスマホ、ノートPCなどのネットワーク対応機器を一度に接続できる数です。

今後はより身の周りの家電がインターネットにアクセスできる時代がやってきます。そのため同時接続台数は多いに越したことはありません。

ちなみにモバイルタイプとホームルータータイプではホームルータータイプの方が接続台数は多いです。L02は最大40台の機器がインターネットにアクセスできます。

⑤:auユーザーはさらにお得に使える!

auスマートバリューmine

WiMAXはauスマートバリューmineに対応しているため毎月のauのスマホ代がお得になります。

auスマートバリューmineはインターネット回線(WiMAX)とauスマホ(ケータイ)をセットで使用することで毎月のauの代金が最大1,000円お得になるサービスです。

ただしすべてのWiMAXプロバイダが対応しているわけではないのでその点は注意してください。例えばUQ WiMAX・GMOとくとくBB・Broad WiMAXなどは問題なく利用できます。

auユーザーでモバイルルーターの申し込みを検討しているならWiMAXが最適です!

全28社を比較した結果おすすめのWiMAX(ワイマックス)TOP5を解説!

← 横にスクロールできます →
キャッシュバック 月額割引額 解約金負担特典 3年間の合計
(※初期費用除く)
GMO WiMAX 30,500円 0~2ヶ月目:-654円 × 125,269円
Broad WiMAX × 0~2ヶ月目:-1,285円 131,352円
JPWiMAX 10,000円
(※Amazonギフト券)
× × 121,100円
Cloud Mobile 10,000円
(※Amazonギフト券)
× × 121,100円
DTI WiMAX × 0~2ヶ月目:0円 × 122,910円

全28社あるWiMAXですがその中でも金額・サービスともにお得な事業者を表にまとめました。特に高額なキャッシュバックや他社違約金の負担などは注目すべきポイントです。

全WiMAXの詳細を知りたい場合はこちらの比較記事をチェックしてください。次からTOP5のランキングを紹介します!


全28社比較の記事はこちら

GMO WiMAX

GMOとくとくBBのキャンペーンイメージ画像
キャンペーン キャッシュバック30,500円
月額利用料金 0~2ヶ月目:3,609円
3ヶ月目以降:4,263円
契約期間 3年間
実質費用 125,269円
速度制限 10GB/3日間
最大通信速度 下り:1.2Gbps
上り:75Mbps
特徴 3万円を超えるキャッシュバックが魅力
20日以内の解約なら違約金がかからない
端末の他クレードルも無料
auスマートバリューmineに対応

GMOインターネット株式会社が運営するWiMAXプロバイダが「GMOとくとくBB」です。一番の魅力は毎月実施している高額キャッシュバックです。

金額はキャンペーン期間で異なりますがほとんどの場合3万円を超え、より大きいときは4万円近い金額のこともあります。

総額を抑えたいならキャッシュバックが一番です。またGMOとくとくBBは契約後20日以内の解約なら違約金が発生しない、端末の他クレードルも無料になるなどサービス面も優秀です。

料金・サービスどちらも満足できるGMOとくとくBBはおすすめのWiMAXです!


GMOとくとくBBの公式HPはこちら

Broad WiMAX

Broad WiMAXのアイキャッチ
キャンペーン 最大月額料金1,285円割引
月額利用料金 0~2ヶ月目:2,726円
3~24ヶ月目:3,411円
25ヶ月目以降:4,011円
契約期間 3年間
実質費用 131,352円
速度制限 10GB/3日間
最大通信速度 下り:1.2Gbps
上り:75Mbps
特徴 18,857円の高額初期費用が無料
他社解約違約金を最大19,000円分負担
auスマートバリューmineに対応
当日受取可能
違約金なしで他回線サービスに乗換可能

株式会社リンクライフが運営するWiMAXプロバイダが「Broad WiMAX」です。GMOとくとくBBと同様人気のあるWiMAXでBroad WiMAXをおすすめしているサイトは数多くあります。

キャッシュバックは実施していませんが代わりとなる高額初期費用無料、月額料金割引がお得です。

コストを抑えるなら本来キャッシュバックが一番ですが、Broad WiMAXは月々の金額が他社と比較し安いのでその分総額もお得になります。

他社からBroad WiMAXに乗り換える際に発生した違約金を負担してくれるなど、便利なサービスも充実しています。興味ある場合は公式サイトをチェックしてみてください!


Broad WiMAXの公式HPはこちら

JPWiMAX

JPWiMAXのアイキャッチ画像
キャンペーン Amazonギフト券10,000円分
月額利用料金 0~2ヶ月目:2,800円
3~24ヶ月目:3,500円
25ヶ月目以降:4,100円
契約期間 3年間
実質費用 125,200円
速度制限 10GB/3日間
最大通信速度 下り:1.2Gbps
上り:75Mbps
特徴 アマゾンギフト券1万円プレゼント

GMOとくとくBBやBroad WiMAXと比べて知名度は高くありませんが「JPWiMAX」もお得なプロバイダです。特に契約後すぐに貰えるアマゾンギフト券1万円はメリットです。

ギフト券ですが現金として考えると3ヶ月分の月額料金に値するためお得です。

ただしauスマートバリューmineに対応していない、取扱端末が古いなどデメリットもあるので注意してください。興味ある場合は公式ページで詳細を確認してみましょう!


JPWiMAXの公式HPはこちら

Cloud Mobile

Cloud Mobileのアイキャッチ画像
キャンペーン Amazonギフト券10,000円分
月額利用料金 0~2ヶ月目:2,800円
3~24ヶ月目:3,500円
25ヶ月目以降:4,100円
契約期間 3年間
実質費用 125,200円
速度制限 10GB/3日間
最大通信速度 下り:758Mbps
上り:112.5Mbps
特徴 アマゾンギフト券1万円プレゼント

第4位は株式会社センテンスが運営する「Cloud Mobile」です。名前にWiMAXが入っていませんが正式なWiMAXプロバイダです。

GMOとくとくBBのように高額キャッシュバックはないため大きく総額を抑えることはできませんが、JPWiMAXと同様にアマゾンギフト券1万円をプレゼントしています。

Clould Mobileと契約後端末が届いた時点で受け取れるのがメリットです。ただしこちらも最新機種の取り扱いはなく、auスマートバリューmineも対応していません。

デメリットを承知の上申し込みを検討してください。


Cloud Mobileの公式HPはこちら

DTI WiMAX

DTI WiMAXのアイキャッチ画像
キャンペーン 最大2ヶ月無料
月額利用料金 0~1ヶ月目:0円
2ヶ月目:2,590円
3ヶ月目以降:3,760円
契約期間 3年間
実質費用 130,430円
速度制限 10GB/3日間
最大通信速度 下り:1.2Gbps
上り:75Mbps
特徴 月額料金が最大2ヶ月無料
グローバルIPオプションを提供
IPv6接続サービスオプションを提供

第5位は株式会社ドリーム・トレイン・インターネットが運営する「DTI WiMAX」です。こちらのプロバイダでは申し込みから2ヶ月間月額料金が無料となるキャンペーンを実施中です。

通常だとひと月2,590円するためお得です。WiMAXでは珍しくグローバルIPオプション、IPv6接続サービスのオプションも提供しています。

端末も無料なのでお得ですがauスマートバリューmineには対応していませんのでauユーザーはその点注意してください。

詳細は下のリンクボタンから公式サイトをチェックしてみましょう!


DTI WiMAXの公式HPはこちら

WiMAX(ワイマックス)選びで悩んだら「GMOとくとくBB」がおすすめ!

GMOとくとくBBのキャンペーンイメージ画像
GMOとくとくBBおすすめの理由
  1. 高額キャッシュバックがお得!
  2. 20日以内の解約は違約金不要!
  3. 端末とクレードルも無料!

現在30社近くあるためどのWiMAXを選ぶのがよいか迷ってしまうと思います。そのような時は「GMOとくとくBB」をおすすめします。

GMOとくとくBBはキャッシュバックの大きさが優れたポイントです。3万円を超えるキャッシュバックキャンペーンを定期的に実施しているWiMAXは他にありません。

また20日以内の解約なら違約金を請求されないのも便利です。初期契約解除だと違約金不要で解約できるのは8日間だけなので、断然GMOとくとくBBは余裕があります。

お得に便利にWiMAXを使うならGMOとくとくBBの一択です!この機会にぜひ申し込みを検討してみてください。


GMOとくとくBBの公式HPはこちら

WiMAX(ワイマックス)の代表的な3つのキャンペーンを紹介!

上記3つがWiMAXの代表的なキャンペーンです。次の項目からは各キャンペーンの詳細を解説するので参考にしてください。

特にキャッシュバックは総額を大きく抑えることができるため要注目のキャンペーンです!

キャッシュバック!

GMOとくとくBB BIGLOBE WiMAX JPWiMAX
キャッシュバック 30,500円 15,000円 10,000円
(※Amazonギフト券)

WiMAXのキャンペーンの中でも最もお得なのが「キャッシュバック」です。金額が大きいため実質費用を大きく抑えることができます。

中でもGMOとくとくBBは高額キャッシュバックを実施している人気のプロバイダです。記事執筆時点の金額は30,500円となっており他社と比べて圧倒的にお得です。

JPWiMAXなどAmazonギフト券によるキャッシュバックを実施するところもありますが、GMOとくとくBBやBIGLOBE WiMAXのように現金の方が使い勝手はよいです。

WiMAXを選ぶときはまずキャッシュバックはあるのか、次に金額はいくらかを確かめてください!

月額料金割引!

GMOとくとくBB BIGLOBE WiMAX Tiki mobile WiMAX
月額料金割引 0~2ヶ月目:-654円 0~2ヶ月目:-1,285円
3~24ヶ月目:-600円
0~36ヶ月目:-890円

WiMAXの「月額料金割引」もお得なキャンペーンのひとつです。各プロバイダでは独自の割引額を設けており一定期間通常より格安料金で使用できます。

月額料金割引で有名なのはBroad WiMAXです。最大千円以上の割引き料金が適用されます。

月額料金割引を実施しているWiMAXではキャッシュバックがないことが多いのですが、その代わり月々お得に利用できるため結果総額を抑えることができるわけです。

キャッシュバックと異なり受取手続きは必要ないため、手続きが面倒だと感じる場合はぜひ月々お得なWiMAXを選びましょう!

他社違約金負担!

「違約金負担」のキャンペーンもお得です。現在契約中のインターネットサービスからの乗り換えを条件に、その解約時に発生した違約金を負担してくれるという内容です。

違約金負担キャンペーンを実施しているプロバイダは現在Broad WiMAXだけです。負担対象となる違約金は最大19,000円と大きいのがメリットです。

現在使用中のサービスに不満がある場合はこちらのキャンペーンを使用乗り換えを検討してみてください。

下の記事ではWiMAX23社のキャンペーンを紹介しています。合わせて読んでみてください。

関連記事
WiMAXキャンペーンのアイキャッチ画像
WiMAX2+のキャンペーンを全23社を比較しておすすめTOP10を解説!2020年8月 WiMAX2+のキャンペーンランキング GMO WiMAX キャンペーン キャッシュバック...

WiMAX(ワイマックス)のキャッシュバック額の相場を紹介!

← 横にスクロールできます →
GMOとくとくBB BIGLOBE WiMAX Cloud Mobile JPWiMAX
キャッシュバック 30,500円 15,000円 10,000円
(※アマゾンギフト券)
10,000円
(※アマゾンギフト券)

キャッシュバックの相場は上のうようになります。GMOとくとくBB以外のプロバイダは基本的にキャッシュバックの金額は変わりません。

BIGLOBE WiMAXは現金ですが15,000円のキャッシュバック、Cloud MobileとJPWiMAXはアマゾンギフト券1万円によるキャッシュバックです。

金額で考えるなら断然GMOとくとくBBがお得です。ただしキャッシュバックは時期によって2万円台~3万円台後半まで金額に幅があるので気を付けてください。

3万円を目安に申し込むとお得に利用できます。WiMAXのキャッシュバックについてはこちらの記事でくわしく解説しているので参考にしてください!

WiMAXのルーター全7種を比較!最もおすすめなのは「W06」

← 横にスクロールできます →
使用場所 最大通信速度 同時接続台数 連続通信時間
WX06 屋内・屋外 440Mbps 16台 約14時間
W06 屋内・屋外 1.2Gbps 16台 約9時間
WX05 屋内・屋外 440Mbps 10台 約10.5時間
W05 屋内・屋外 758Mbps 10台 約9時間
HOME 02 屋内 440Mbps 20台
L02 屋内 1Gbps 40台
L01s 屋内 440Mbps 42台

各端末の「使用場所」「最大速度」「同時接続台数」「連続使用時間」をそれぞれまとめました。WiMAXルーターは数が多いのでどの製品を選ぶのがよいかは迷うと思います。

結論からお伝えすると「W06」が屋内・屋外でも快適に使用できるためおすすめの端末です。とはいえその他にも魅力的なルーターはあるので次から厳選して紹介します。

WiFi 2.4GHz/5GHz同時利用可能!「Speed Wi-Fi WX06」

「WX06」はNECプラットフォームズ株式会社のモバイルタイプルーターです。2.4Ghz/5GHzそれぞれのWiFi周波数が同時に利用できるのが特徴です。

周囲の電波環境を判断し自動で最適な周波数を選択してくれるため常に快適な通信環境を実現します。

またWiMAXハイパワーおよびWウイングアンテナを搭載したクレードルを合わせて使用すると、より快適にインターネットを楽しむことができます。

見やすいデータ量表示、QRコードを使用したかんたんWiFi接続など使いやすさにも特化したWiMAXルーターです。

最大速度は1Gbps越え!「Speed Wi-Fi W06」

「W06」はファーウェイ・ジャパン株式会社のモバイルタイプルーターです。最大の特長は下り最大1.2Gbpsです。

モバイルタイプのルーターでははじめて1Gbpsを超えています。高速通信を求めるユーザーにぜひおすすめしたい端末です。

また速度だけでなく受信感度もよく、高性能ハイモードアンテナおよびWiFi TXビームフォーミングを搭載しており安定した通信を実現します。

現在最も使いやすくおすすめの端末です。ぜひ購入を検討してみてください!

強化されたWi-Fi性能!「Speed Wi-Fi HOME02」

home02

「HOME02」はNECプラットフォームズ株式会社のホームルーターです。高機能内部アンテナの性能により従来のHOME01と比較し最大約25パーセントのエリア強化がされています。

より安定した通信環境を望むならおすすめの製品です。

スマホアプリを使用すれば現在のデータ使用量がひと目でわかります。また設定したデータ量を超えた場合はポップアップでお知らせを受取ることも可能です。

Alexa搭載スマートスピーカーと連携でき設定状態の確認や通信モードを切り替えることもできます。

ギガスピード対応!「Speed Wi-Fi L02」

l02

「L02」はファーウェイ・ジャパン株式会社のホームルーターです。下り最大速度1Gbpsの高速通信に対応しています。

ホームルーターの中でも群を抜き速い製品なので速度にこだわりたいならぜひ申し込みを検討してみてください。また速度だけでなくつながりやすさにも定評があります。

360度カバーする4本の好感度アンテナを搭載しており、他の製品に負けないくらい電波の受信感度は高いです。

またWi-Fi TXビームフォーミングの機能により通信の安定性が従来のものより30パーセントアップしている点も見逃せません!

WiMAX(ワイマックス)の速度制限について解説!

WiMAXは「3日間で10GB」を超える通信を行った場合速度制限がかかります。直近3日間の通信量の合計が10GBを超えた翌日の18時~26時の間、通信速度は概ね「1Mbps」となる条件です。

上の表を見るとわかりますが直近3日間の通信量の合計が10GBを超える日が続く限り、その翌日には速度制限が発するので気を付けてください。

速度制限があるためWiMAXは使いにくいと感じるかもしれませんが「1Mbps」という速度はそこまで遅いものではありません。

YouTubeの通常画質なら再生できますし、Web閲覧も特に困ることはありません。しかし大容量のデータをダウンロードする場合は時間がかかってしまうのでその点注意してください。

WiMAX(ワイマックス)を契約終了する際の解約手続き手順や解約ページまとめ!

この項目ではWiMAXの契約終了にともなう解約手続きの流れを解説します。また各事業者の解約ページも紹介しているので今後のためにも参考にしてください。

まずは解約手続きをその次に解約ページを紹介します!

WiMAX(ワイマックス)を契約終了する際の解約手続きの手順を3ステップで解説

WiMAX解約の流れ
  1. 契約更新月をチェック!
  2. 解約窓口に問合せる!
  3. 解約手続き完了!

WiMAXを解約するときはいきなり窓口に問合せるのではなく契約更新月を確認しましょう。というのもWiMAXには契約期間が設けられており途中で解約すると違約金が発生するからです。

契約更新月なら違約金は請求されません。違約金の詳細については後ほど詳しく解説するのでそちらを参考にしてください。

次に解約窓口に問合せます。解約手続きは電話もしくはWebフォームから行える場合がほとんどです。事業者によって異なるのでその点は注意しましょう。

解約の旨を伝えたら手続き完了後メール(電話)で完了のお知らせを受取ります。これで解約手続きは終了です!

WiMAX(ワイマックス)の代表的な解約ページまとめ

← 横にスクロールできます →
事業者名 契約更新月 解約締切日 解約方法 解約ページ
GMOとくとくBB 37ヶ月目 20日 更新月:Webフォーム
それ以外:書面
こちら
Broad WiMAX 37ヶ月目 25日 電話 こちら
UQ WiMAX 25ヶ月目 月末 電話/書面 こちら
so-net WiMAX 37ヶ月目 31日 Webフォーム こちら
BIGLOBE WiMAX 13ヶ月目 末日 Webフォーム こちら
カシモ WiMAX 37ヶ月目 20日 電話 こちら
Drive WiMAX 37ヶ月目 25日 電話 こちら
GREEN WiMAX 25ヶ月目 10日 Webフォーム こちら
Cloud Mobile 37ヶ月目 電話 こちら
JPWiMAX 37ヶ月目 電話/Webフォーム こちら

代表的なWiMAXの「解約ページ」をまとめました。解約する上で違約金は注意すべきものですが他にも「解約締切日」も気をつけなくてはいけません。

解約は希望する月の指定された日(解約締切日)までに行いましょう。過ぎてしまうと翌月扱いの解約となりひと月分余計に月額料金が発生してしまいます。

またせっかくの契約更新月でも違約金が発生しますので十分注意が必要です。表で紹介している各公式ページの内容を参考に無駄な支払なく解約手続きを行いましょう!

WiMAX(ワイマックス)の解約時にかかる違約金についても知っておこう!

← 横にスクロールできます →
プロバイダ 違約金 更新月 更新月以降の違約金
GMOとくとくBB 1年目:19,000円
2年目~更新月:14,000円
0円 9,500円
Broad WiMAX 1年目:19,000円
2年目~更新月:14,000円
(※+24ヶ月以内キャンペーン違約金:9,500円)
0円 9,500円
UQ WiMAX 1年目~更新月:1,000円 0円 1,000円
so-net WiMAX 1年目:19,000円
2年目~更新月:14,000円
0円 9,500円
BIGLOBE WiMAX 1年目~更新月:1,000円 0円 0円
au WiMAX 1年目~更新月:9,500円 0円 9,500円
Drive WiMAX 1年目:19,000円
2年目~更新月:14,000円
0円 9,500円
GREEN WiMAX 1年目:19,000円
2年目~更新月:14,000円
0円 9,500円
Cloud Mobile 1年目:30,000円
2年目~更新月:25,000円
0円 9,500円
JPWiMAX 1年目:30,000円
2年目~更新月:25,000円
0円 9,500円

WiMAXのサービスには契約期間が設けられており途中で解約すると違約金を請求されてしまいます。

違約金の金額は各事業者によって異なるものですが、最大3万円以上するため解約時期には注意しなくてはいけません。特にCloud MobileとJPWiMAXの一年目の違約金は高額です。

違約金を支払わないためには契約更新月と呼ばれる期間に解約しましょう。また契約期間はどのプロバイダも自動更新となることを忘れないでください。

違約金の安さでWiMAXを選ぶならBIGLOBE WiMAXが1,000円なのでお得です。

WiMAX(ワイマックス)についての10個のFAQ

WiMAXに関するよくある質問をまとめました。知っておくと役立つのでぜひ覚えておいてください!

WiMAXの利用できるエリアが知りたい!

WiMAXは日本国内で使用できるインターネットサービスです。具体的なエリアはこちらを参考にしてください。

WiMAXの速度制限は3日で10GB以外にもあるの?

はい。通常プランではひと月に7GBを超える通信を行うと当月末日まで速度は128kbpsとなります。またLTE使用時もひと月7GBを超える通信を行うと当月末日まで128kbpsとなるので注意してください。

Try WiMAXって何?

「Try WiMAX(トライワイマックス)」はUQコミュニケーションズが提供するWiMAXのお試しサービスです。約15日間無料で使用できます。電波感度や速度、端末操作など確認するため利用してみてください。

WiMAXの通信が遅い!対処法はないの?

WiMAXは障害物の影響を受けるとスムーズに通信できませんので、場所を変えるか必要に応じてLTEの使用を試してみてください。また速度制限を受けたため遅い場合は解除するまで待つしかありません。

WiMAXって2年契約でも申し込めるの?

まだまだ3年契約が多いWiMAXプロバイダですが2年契約で申し込み可能なところもあります。例えばUQ WiMAXは2年間の他期間条件なしで申し込むこともできます。

WiMAXルーターは5Gに対応していますか?

残念ながら現在すべてのWiMAXルーターは次世代通信規格5Gには対応していません。

WiMAXは口座振替に対応していますか?

口座振替に対応した事業者もありますが残念ながら多くありません。UQ WiMAX・Broad WiMAX・BIGLOBE WiMAXあたりが口座振替可能です。

WiMAXのクレードルは必要ですか?

クレードルがないからといって通信できないわけではありません。しかしクレードルがあるとPCと有線接続したり、アンテナが内蔵されたものだと電波の受信感度がアップしたりとメリットはあります。必要に応じて購入を考えてください。

WiMAXと格安SIMスマホのセット割があると聞いたけどどんなサービス?

「ウルトラギガMAX」と呼ばれるサービスで、WiMAXとUQモバイルを合わせて使用するとUQモバイルの料金が毎月最大500円継続的にお得になるものです。

WiMAXは海外でも使えるの?

以前は韓国やアメリカでも使用できましたが、現在は「日本のみ」のサービスです。

WiMAX(ワイマックス)についてのまとめ

この記事のまとめ
  • 工事不要ですぐ使える!
  • 通信速度が他のモバイル回線と比較し速い!
  • auのLTEも使える!
  • 同時接続台数が多い!
  • auユーザーはさらにお得に使える!
  • おすすめはGMOとくとくBB!

今回のWiMAXについてのまとめは上記の通りです。回線工事不要ですぐに使え、他のモバイル回線よりも速く、同時接続台数も多いのがWiMAXの特徴です。

電波が不安定なときはauのLTEを使用すれば、制限はあるものの快適にネットを楽しむことができます。WiMAXとauスマホのセット割もあってauユーザーは特にお得です。

数あるWiMAXの中でも最もお得なのは高額キャッシュバックの「GMOとくとくBB」です。まずは下のリンクからサービス内容をチェックしてみましょう!

GMOとくとくBBの公式HPはこちら