評判は?WiMAXのホームルーター「L02」スペックを比較しつつ徹底解説!

Speed Wi-Fi HOME L02のアイキャッチ画像
宇都宮
宇都宮

おすすすめのポケットwifiを紹介する総合メディア「Excite WiMAX比較」のライター宇都宮です。

今回はWiMAXのホームルーター「L02」について紹介していきます。

L02と他機種のスペックの徹底比較からメリットデメリット、口コミまで全てを解説

L02はおすすめ出来るホームルーターです。自宅用のWi-Fiをお探しの方は是非参考にしてみてくださいね。

目次

L02こと「WiMAX Speed Wi-Fi HOME L02」とは?まずはスペックを徹底解説!

Speed Wi-Fi HOME L02
本体画像
概要 WiMAXのホームルーター
製品名 Speed Wi-Fi HOME L02
製造元 HUAWEI
最大通信速度
  • 下り:1,237Mbps
  • 上り:75Mbps
無線LAN規格
  • 5GHz帯:IEEE802.11ac/11n/11a
  • 2.4GHz帯:IEEE802.11n/11g/11b
有線LAN規格 1000BASE-T,100BASE-TX,10BASE-T /2ポート
同時接続台数 最大約40台(2.4GHz帯:20台、5GHz帯:20台)
使用回線 WiMAX2+ / au 4G LTE
通信制限 3日で10GB
大きさ 寸法:約93(W)×178(H)×93(D)mm / 重さ:約436g
発売日 2019年1月25日

「Speed Wi-Fi HOME L02」は2019年1月25日に発売された、WiMAXのホームルーターです。

W06など持ち運び出来るWiMAX機種とは異なり、自宅で設置して使うタイプの「置くだけWiFi」です。コンセントに挿すだけで簡単に使える、自宅用のWi-Fiですね。

端末側で対応している最大通信速度は約1.2Gbpsですが、実際には回線側の都合で20~50Mbps程度となります。速くても100Mbpsほどでしょう。

L02を使うには「GMOとくとくBB」などのWiMAX回線事業者と契約する必要があります。回線+端末をセットで提供している事がほとんどです。

L02のホームルーターとしてのスペックは中々良く、特に通信速度に関しては最も優れています。ただ、WiMAX回線を使う都合上、3日で10GBまでの通信量制限が気になるところですね…。

続いて、L02と他の機種のスペックを比較してみます!

L02は他のルーターと比べてどう?スペックを比較してみた!

WiMAXのホームルーター「L02」と、同じWiMAXホームルーター「HOME02」や他社の「ソフトバンクエアー」、またWiMAXの持ち運びできる機種などとスペックを比較してみました。

Wi-Fi用端末選びの参考にしてみてください!

L02とホームルーター「Home01,02」「ソフトバンクエアー」などと比較!

← 横にスクロールできます →
L02 HOME02 Airターミナル4
本体画像 Speed Wi-Fi HOME L02の画像 WiMAX HOME 02の画像 ソフトバンクエアー Airターミナル4の画像
製造元 HUAWEI NEC HUAWEI
使用回線 WiMAX WiMAX SoftBank
通信速度 1,237Mbps 440Mbps 962Mbps
平均速度 下り:約49Mbps
上り:約13Mbps
下り:約34Mbps
上り:約5Mbps
下り:約29Mbps
上り:約4Mbps
通信量制限 3日で10GB 3日で10GB 無制限
発売日 2019/1/25 2020/1/30 2019/3/22
提供事業者 GMOとくとくBBなど ソフトバンクエアー

※平均速度は「みんなのネット回線速度」より

2020年現在に主流のホームルーター3機種で性能を比較してみました。

ホームルーターは「WiMAXのL02 or HOME02」か「ソフトバンクエアー」から選ぶ事になります。

通信速度を重視した「L02」か、通信量無制限を重視した「ソフトバンクエアー」という選び方になるでしょう。

WiMAX HOME02は中途半端な位置づけですね…。基本的にはL02の方が優れていますが、HOME02は本体サイズが小さいく、日本企業のNEC製というのも安心できますね。

ちなみに「L01」や「HOME01」もWiMAX事業者によっては選べますが、古い機種なのでおすすめ出来ません。

WiMAXのホームルーターを使うなら「Speed Wi-Fi HOME L02」はおすすめです!

L02と持ち運びできる機種「W06」「WX06」などと比較!

← 横にスクロールできます →
L02 W06 WX06
本体画像 Speed Wi-Fi HOME L02の画像 W06の画像 WX06の画像
製造元 HUAWEI HUAWEI NEC
形式 ホームルーター ポケットWi-Fi ポケットWi-Fi
使用回線 WiMAX WiMAX WiMAX
通信速度 1,237Mbps 1,237Mbps 440Mbps
平均速度 下り:約49Mbps
上り:約13Mbps
下り:約48Mbps
上り:約7Mbps
下り:約23Mbps
上り:約3Mbps
通信量制限 3日で10GB 3日で10GB 3日で10GB
発売日 2019/1/25 2019/1/25 2020/1/30
提供事業者 GMOとくとくBBなどのWiMAX事業者

※平均速度は「みんなのネット回線速度」より

続いて、L02と同じWiMAX回線を使ったポケットWiFi「W06」「WX06」と比較してみます。

L02とW06を比べてみると、同じ通信速度なのに自宅でしか使えない「L02」を選ぶ理由はあるの…?という疑問が生まれるかと思います。

結論から言うと、L02を選ぶ理由はあります!スピードテストの結果は同じぐらいになりますが、L02には下記の利点があります。

W06と比べた時のL02のメリット
  • 電源駆動(充電の必要がなくバッテリー消耗もない)
  • 同時接続時の安定感(最大40台)
  • 360度全方位カバーの高感度アンテナ4本
  • 有線LAN接続が出来る

自宅で使うのであれば、間違いなく「L02」の方が優秀です。特に接続台数が多い方、ゲームや動画を安定して見たい・やりたい方ほどおすすめです!

逆に、自宅には既に固定回線などがあり、外出先でWi-Fiが欲しい!という方には「W06」の方が適しているでしょう。ご自身の環境に合ったWi-Fiを選んでくださいね!

Speed Wi-Fi HOME L02のおすすめポイントまとめ!【3つのメリット】

Speed Wi-Fi HOME L02を利用する3つのメリットを紹介していきます!

メリット1.工事不要!設定も簡単!コンセントに挿すだけですぐに使える!

L02の工事不要のイメージ画像

L02は工事不要で使える置くだけWi-Fiです。申し込みから最短3日程で端末が送られてきて、コンセントに挿すだけで使えます!

設定も簡単というか、もはや不要です。L02のSSIDとパスワードを入力するだけ(もしくはQRコード読み取り)でOK!

工事なしで誰でも簡単に使えるのがホームルーターの良いところですね。手軽に使えるWi-Fiが欲しい方にはおすすめです!

メリット2.WiMAX2+とau 4G LTE回線を使用!通信速度も速い!

L02の通信速度のイメージ画像

先ほども比較した通り、L02はホームルーターの中で最も速い製品です。

L02は無線(Wi-Fi)で最大速度867Mbps、周波数帯は2.4GHz帯/5GHz帯に対応しています。WiMAX回線の都合上、実測値は20~60Mbps程度となります。

3日で10GBまでの制限が気になりますが、自宅で「速度重視のホームルーター」をお探しの方に、L02はおすすめですね!

メリット3.360度全方位カバーのアンテナ4本搭載!最大同時接続数は約40台!

L02の360度全方位カバーアンテナのイメージ画像

L02は持ち運びできる「W06」と比べて、自宅で使うWi-Fiとして適した性能になっています。

360度全方位をカバーする高感度アンテナを4本搭載しており、自宅の色々な場所で使えるよう工夫された設計になっています!

W06の同時接続台数は16台なのに対し、L02は最大40台まで対応しています。実際に10台以上接続すると重くなるとは思いますが、同時接続の許容範囲が大きいと自宅で使う際に便利ですね!

Speed Wi-Fi HOME L02を使用する際に気を付けたいポイント【3つのデメリット】

続いて、Speed Wi-Fi HOME L02を利用する3つのデメリットも紹介していきます。

デメリット1.WiMAXなので3日で10GBまでの容量制限がある

L02 HOME02 Airターミナル4
使用回線 WiMAX SoftBank
通信制限 3日で10GBまで 無制限

L02のデメリットというより、WiMAXの欠点なのですが…、3日で10GBまでの通信制限があります。せっかくの通信速度も活かしづらいですね…。

通信制限は「直近3日間で10GBを超えた場合、翌18時~26時に最大1Mbpsに制限」という内容です。そのため、超えてしまった当日は制限されないので、思い切ってたくさん使っちゃう、というのもアリです。

制限時間も18時~26時なので、それ以外の時間帯なら問題なく使えます。また、制限中も最大1Mbpsなので、画像や動画はキツイですが、使えなくはありません。

デメリット2.自宅で使用するホームルーターなので持ち運びは出来ない

L02 HOME02 W06
持ち運び × ×

L02は「自宅専用」のホームルーターです。バッテリーは内蔵されていないため、コンセントに挿す必要があります。

持ち運びには適していないので、外でも使いたい場合はW06など、ポケットWi-Fiタイプを選びましょう。

ただ、引越し時には便利です!引越し先でコンセントに挿すだけですぐに使えます。

デメリット3.固定回線と比べると特に上り回線が遅い

L02 光回線 ADSL
通信速度(下り) 1.2Gbps 1Gbps 50Mbps
通信速度(上り) 75Mbps 1Gbps 5Mbps

ホームルーターの中では「L02」は速い方ですが、工事が必要な固定回線と比べると速度は劣ります。ADSLよりは速いかと思いますが、光回線には敵いません…。

特に「上り」が遅く、動画のアップロードや配信を考えている方にはおすすめ出来ません。現状、光回線以外で上り速度に優れたWi-Fiはありません。

WiMAX L02を契約するなら「GMOとくとくBB」がおすすめ!

GMOとくとくBB ホームルーターのキャプチャ画像
GMOとくとくBB
月額料金 ~2ヶ月目:3,609円
3ヶ月目~:4,263円
初期費用 契約事務手数料3,000円
契約期間 3年 / 違約金9,500円~24,800円
端末
  • Speed Wi-Fi HOME L02
  • WiMAX HOME02
  • W06,WX06
使用回線 WiMAX2+ / au 4G LTE
通信制限 3日で10GB
キャンペーン キャッシュバック31,500円
おすすめ度 5.0

Speed Wi-Fi HOME L02を利用するなら「GMOとくとくBB」から契約するのがおすすめです!

月額料金は3,609円~4,263円と標準的な価格設定ですが、別途貰える「キャッシュバック31,500円(2020年12月時点)」がとてもお得です…!

キャッシュバックも考慮した平均月額は約3,300円となります。

WiMAX事業者はどこで契約しても通信品質が変わらないので、GMOとくとくBBのようなキャンペーンがお得なプロバイダを選んだ方がお得に使えます!

速度重視のホームルーターとして「L02」が欲しい方は、是非「GMOとくとくBB」の利用を検討してみてくださいね。


GMOとくとくBBの公式HPへ

通信制限を気にしたくない方は無制限の「ソフトバンクエアー」がおすすめ!

ソフトバンクエアーの画像
ソフトバンクエアー
月額料金 1年目:3,800円
2年目:4,880円
初期費用 契約事務手数料3,000円
契約期間 2年 / 違約金9,500円
端末 Airターミナル4
使用回線 SoftBank
通信制限 無制限
キャンペーン キャッシュバック36,000円
おすすめ度 5.0

通信容量を気にしたくない方は「ソフトバンクエアー」の利用がおすすめです!

通信速度はL02よりも遅くなってしまいますが、それでもスマホやタブレットで使う分には十分な速度です。通信容量無制限なので、制限を気にせず動画もたくさん見れます!

但し、夜間の混雑時間帯は速度制限される場合がありますので注意してください。

キャッシュバック36,000円も貰えるため、料金はL02よりも安い「平均月額2,840円」となっています。

通信量無制限のホームルーターが欲しい方、料金をなるべく抑えたい方は「ソフトバンクエアー」の契約を検討してみてくださいね。


SoftBank Airのおすすめ申込先へ

Speed Wi-Fi HOME L02利用者の評判はどう?ネット上の口コミを調査してみた!

L02を実際に使っている方の評価も気になるかと思いますので、Twitterから口コミを調査してみました!

L02の良い口コミを3件紹介!


良い口コミを見てみると、通信速度の速さに満足している方が多いですね!

スピードテスト結果で60Mbps以上出ている方が多く、中には100Mbps出ている方も。

ホームルーターで速度重視なら「L02」は、やはり良い選択肢になりそうです!

L02の悪い口コミを2件紹介!


悪い口コミを見てみると、HUAWEI(ファーウェイ)製である事を気に掛ける声が多く見つかりました。

L02の他、SoftBankAirの端末もHUAWEI製なので、HUAWEI製を避けたいなら「HOME02」を使う事になりますね。ちなみにですがW06やPocketWiFiの801HW、NURO光のルーターもHUAWEI製で、未だ多くのHUAWEI製品が使われています。

また、WiMAXが繋がらないという声も少しありました。WiMAX回線はSoftBankやauのキャリア回線と比べると対応エリアは狭めとなっています。

L02の口コミ評判の傾向まとめ

良い口コミ 悪い口コミ
  • 通信速度がとても速い!
  • 工事不要で使える!
  • HUAWEI製である
  • エリア外だった

紹介した口コミ以外にも色々と調査してみた上で、L02の口コミ傾向をまとめてみました。全体的に利用者の満足度は高く、特に通信速度は好評ですね!

利用者の通信速度は約60Mbps前後の報告が多く、快適に使えているようでした。制限時の最大1Mbpsでも、最低画質のHuluやYouTubeならギリギリ見れる、というコメントもありました。

不満点としてよく挙がっているのは「HUAWEI製なのが不安」「WiMAXが繋がらないエリアだった」という口コミです。HUAWEI云々は私は正直気にしていませんが、気になる方はNEC製の「HOME02」を使いましょう。

以上、L02は口コミから見てもおすすめ出来るホームルーターという事が分かりました!

まとめ

この記事のまとめ
  • Speed Wi-Fi HOME L02はおすすめ出来るホームルーター
  • ホームルーターの中でも通信速度が速い
  • WiMAX回線なので3日で10GBの制限に注意
  • 制限が気になる方はソフトバンクエアーがおすすめ

この記事ではWiMAXのホームルーター「Speed Wi-Fi HOME L02」について解説しました。

WiMAX回線を使った端末で、GMOとくとくBBなどのWiMAX事業者と契約すると端末+回線セットで利用する事ができます。

工事不要のホームルーターなのですが、ホームルーターの中で「L02」は通信速度が速く、快適に使えているという声も多いです!

但し、3日で10GBまでの制限がありますので注意してください。データ量を気にしたくない方は速度が落ちますが「ソフトバンクエアー」であれば容量無制限で使えます!

なお、L02の端末のみを通販や中古で購入し、別途SIMカードを挿して使う、という方法もあります。APN設定やSIMカードサイズ、SIMフリールーターであるかどうかの確認など難しい項目も多いので、こちらは上級者向けとなりますね…汗

同じWiMAXのホームルーターである「HOME02」の紹介記事もあります。こちらも参考にしてみてくださいね。

関連記事
WiMAX HOME02のアイキャッチ画像
評判は?WiMAXのホームルーター「HOME02」徹底解説!スペック比較まとめ HOME02こと「WiMAX HOME02」とは?まずはスペックを徹底解説! WiMAX HOME02 本体...